スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケッチブック 前編

[スケッチブック] 前編  シウミンside


シウミンはデビューしてそこそこのアイドル
メンバーの中で地味な顔つき

歌もダンスもそつなくこなすために
ファンからの認識がいまいち
いわゆる器用貧乏という奴で
インパクトに欠けていたのだ

本人も控えめな性格が災いして
メンバーの中にいると
どんどんと後ろに下がってしまう

最近はマンネlineが成長期で
どんどん背が高くなり
今では
メンバーの中で最年長なのに関わらず
マンネの後ろにすっぽり隠れてしまう

事務所もマネージャーも
シウミンの秘めた魅力を盛大に出せないものか・・・と
頭をなやませていた時に
バラエティの企画の話が持ち込まれてきた


「え? 僕が
言葉の通じない他国の人と
一緒に生活するんですか?」

「相手は中国の新人タレントで
韓国語は話せないんだ
同居して
お互いに親密になるのを追いかける・・・
みたいな番組だって」

マネージャーが
企画書をめくりながらシウミンに話をする

「え・・僕・・
どっちかと言えば人見知りなのに・・
ベッキョンとかチェンとかに話を持っていけば・・・」

マネージャーは
シウミンの口に手をおいて話を途中でとめた

「ベクやチェンは
最初からフランクに友達になるでしょ・・・
シウミンだから・・って
企画されたのに・・チャンスだよ」








「ヒョン・・単独バラエティ出演おめでとう」

リビングで企画書を読んでいるシウミンの後ろから
誰かが抱き着いてくる

「ベク・・重たいぞ」

「いいなぁ~俺も一緒に出して下さいよ~」

「ベク・・ウミニヒョンが困ってるよ」

チェンがそう言って
シウミンの背中からベッキョンを剥がす


「明日から収録始まるんだ・・・・
初めて会う中国人と
ルームシェアするんだって
しかも相手韓国語話せない・・
俺も中国語話せない」

「ウギョルみたいだね~
同居だから
우리들, 동거합니다???
ウドンってか?」

ベッキョンが
元気のない自分を励ますために
わざとおどけているのに
気付いたシウミンは

「やるっきゃないか」と両手を上げて
思いっきり伸びをした



早朝の仁川空港
行きかう人はほとんどいない

カメラが遠くでシウミンを捕えている
何台も自分を追っているが
すぐ近くにはいないので
収録中だと忘れそうになる

相手の中国のタレントの
顔も名前も知らされていない
ただ同じ歳で男の子だと言う事だけだ・・・


先ほど着いた飛行機に乗っていて
今こちらに向かっているとの事だった

シウミンはため息を小さくつくと
手にしたスケッチブックを握りしめて
椅子に力なく腰掛ける

今日宿舎を出るときに
「これ持っていくと役に立つよ」と
イラスト書くのが好きなカイに
スケッチブックを持たされた


ぼんやりした視線の隅に
カメラを引き連れた人影が見えた

カメラが一緒という事は一般人ではない

シウミンは椅子から立ち上がって
相手を見つめた


天使・・・


収録相手は同じ歳の男の子なのに

今シウミンの目の前にいるのは
この世の人とは思えない位
愛らしい顔をした天使のような少年だった

彼の瞳も不安そうに揺らいでいる

「你好」

シウミンが勇気を出して大声で叫ぶ
不安そうに揺らいでいたその瞳は
シウミンの挨拶を聞いて
嬉しさで満面の笑みを浮かべる

彼の周囲が瞬間にして花が綻ぶように空気が変わる

シウミンはその様子を息を飲んで見つめるのがやっとだった


ウドンの相手のルハンとの初めての出会いだった



続く

スポンサーサイト

デビュー記念日

今日は4月8日
EXO君達のデビュー日です

宗文はデビューしたのは知ってましたが
ヒチョルの兵役中なので
「浮気」防止のため? あえて追いかけたりしませんでした

あれから6年・・・早かったですね~
ヒチョルが戻ってきて「ウギョルをシウミンとやりたい」の一言から
シウミン沼に落ちてしまいました・・・ルハンもいたからですけどね

私の仕事も去年の所に残留となったので
少しは楽になりそうです

少しはパソコンを開ける日が増えるかな・・・

後でデビュー記念の何か書いてあげます

DY8vXGvV4AEgPLa.jpg

バレンタインの秘密 ~共に生きる番外編~

平昌五輪の男子フィギュア良かったですね
羽生君の二連覇立派でした
そして天然な宇野君もいろんな意味で最高です
羽生君と3位のフェルナンデスのいちゃこら見てて
ユヅハビに萌えていた腐った宗文でした

この2人と宇野君みてて元気でたので
共に生きるの番外編書きました

たーちゃんさんのリクエストです


[バレンタインの秘密] ~共に生きる番外編~


ふふふん♪ふ~ん♪

壁に掛けられているカレンダーを前にして
ルハンは端正な顔を惜しげもなく崩して鼻歌を歌っている

カレンダーは2月

そう恋人たちのイベントである「バレンタインディ」のある月だ
そしてそのバレンタインディまで数日を残すところとなった

最近ルームシェアという名の「同棲」を始めたルハンとミンソク

毎日が楽しくてしょうがない

ただ恋人のミンソクの職場がケーキ屋のために
年に数回超多忙の日々がやってくる

その時期はすれちがい生活となり
ルハンは自分が寂しがりやだったんだと初めて知ることになった

「うっふっふ♪ 今年はミンソクは何くれるのかなぁ~」

ルハンはスマホを手にすると写真のホルダーをあける

過去にミンソクからもらったチョコの写真を取り出しては眺める


ミンソクは高校時代の現場実習先だったパン屋さんに就労した
そこで可愛がってもらっていたパテシェの人が独立する事となり
今では一緒に独立した店に移動して働いている

ミンソクはパンを中心に作っているけど
クリスマスやバレンタインの時期はお菓子も作るのだ

そしてルハンもその恩恵にあずかっている


「あ~今年も楽しみな季節がやってきた♪」





~数日後 バレンタイン翌日~



「もうこんな時間なんだ・・・」

寝室から眠い目をこすりながらミンソクが起きて来た

昨日はクリスマス程ではなかったが
バレンタイン当日という事で中々忙しかった
数日前からの菓子類の作り置きもあったりして
1週間ルハンとまともに話すらしていない

そして今朝はすっかり寝坊して
ルハンはすでに出勤後だ


バレンタインのチョコは夜中のうちにテーブルに置いておいた

「あれ? 一晩で食べちゃったの? まさかねぇ・・・」

本当は直接渡して
大喜びする姿を見たかった・・・

「でもぐっすり寝てたからね~」

小さくほほ笑むとミンソクは冷蔵庫を開ける

昨日のチョコレートが入っていると思ったけどなかった

あれ?

無意識に視線を冷凍冷蔵庫にむける

2人で住む事が決まったときに
ルハンは「冷凍庫」を持参してきた

「俺・・アイス好きだろう? 冷凍庫大きいのが必要なの」

何か良く分からない理由で
納得させられてしまったが
毎日買い物に行けない時は
食材の買い置きなどにすごく重宝していて
今ではあって良かったと思うほどだ

でも今は本当に無意識に
冷凍庫の扉を開けていた・・・・


「何これ・・・・・」



~その日の夜~


「ねぇ・・・これ何?」

帰ってくるなりミンソクに質問ぜめにされたルハン
顔は汗だらけで笑顔は引きつっている

「ミンソガ・・・それは・・・」

2人の間のテーブルには白い箱
冷凍庫の奥に入っていたのを
今日ミンソクが見つけ出したものだった

「あああっ開けないで~」
ルハンの願いもむなしくミンソクは蓋を開けた


中には
齧りかけの不〇家のハートチョコ
ハートのクッキー
など色々のお菓子・・・チョコ系のお菓子が入っていた


ミンソクは見覚えのあるものばかり

齧りかけのハートチョコは幼稚園の時に渡したもの
クッキーは分校で食品加工の勉強してた時に作ったもの

ミンソクが黙って箱の中のものを見ていたら
さすがにルハンがひきつりながら説明を始めた

「この齧りかけのチョコはミンソクから初めてもらったやつ
小学校、中学校時代はもらえなかったけど
分校で再会してからもらったクッキーや
卒業してから毎年もらったお菓子だよ」

「もしかして・・・
今までバレンタインで僕があげたお菓子ってこと?」

「うん・・・幼稚園の時に食べかけたんだけど・・・
ミンソクから貰った大事なものって気づいて・・・・
これは永久保存だ!!!!って冷凍したんだ・・・・」

開き直ったのか鼻の穴を少しふくらませて
ドヤ顔でミンソクの顔を見つめるルハン

「それから・・・ずっと冷凍保存してるの?」

「うん・・・・」

さすがに引かれちゃったかな・・・

ルハンは黙り込んだミンソクの顔を横目で盗み見た

重いとかキモイとか・・俺の過多な愛情に拒絶反応されたら困るな・・・

ミンソクはまだ何かを考え込んでいる

「ミンソガ・・」

「ルハン!!!!!」

「はい?」

「何で黙ってたの? 冷凍保存するなら言ってくれればよかったのに」

「へ?」

「僕は食べてもらいたくて作ってたんだよ」

「・・・・」

「言ってくれればもう一つ作ってたのに」

「はい?」

どうやら重いとかキモイとかの拒絶反応はないようだ・・・
ルハンは小さく安堵の息をはく


「ルハンありがとう」

ミンソクが急に抱きついてきた

「今度は二つ作るから僕の愛をちゃんと食べてね」

ああああああああ
ミンソク超かわいい

ルハンの顔が崩れてイケメンを保てなくなってきた

「久しぶりにミンソクが食べたい」

「バカ・・・」

ルハンはすばやく白い箱を冷凍庫にしまいこむと
ミンソクを抱き上げて寝室に向かって走り出した

恋人たちの久しぶりの甘い夜は
今始まったばかり

今夜は長くなりそうな気配・・・・・



おしまい

2018年もよろしくお願いします

2018年になりました

すっかりここも放置状態で広告が入ってしまいましたね

るーみん妄想はあるのですが
なかなか文章にできず
でも頑張って文章にしていると
大陸の方の焼肉デートや番組共演などの話や画像みてしまい
書きかけの話を消してしまったり・・・


でもEXOのさいたまアリーナ2日間参戦して
シウミン君やEXOメンバーが大好きだと再認識しました


ルーミンにこだわらなくてもいいのか・・
でもシウミン君の相手はルハン以外にはありえない私なので

ここがどうなるのかまだ未定ですけど
遊びにいらして下さる方がいる限り
妄想を文章にしようと思ってます


気長にまっててくださいね

ツイの方にメッセ入れてくれても良いですので

DTlF9HYUMAEtZdL.jpg

サタンさんとサンタさん


去年のクリスマスに書いた話の
その前とその後の話です
まだ読んでない方は先に読まれた方が
分かりやすいかと思います
 ↓星印をぽちっとしてね

 

クリスマス過ぎてしまいましたがよかったらどうぞ






[サタンさんとサンタさん]


「ちっクリスマスだって言うのに俺・・仕事かよ」

「ルハン・・そんな事言うんじゃない
俺たちの一族はそれが仕事なんだからな」

クリスはそう言うとルハンに赤い物を渡す
「マジ~このサンタの服最悪・・・
なんで着なきゃいけねぇんだよ~」

「ルハン・・今回のお前の仕事先だよ・・・ほれ」
クリスが紙をルハンに渡した

クリスマスイブに良い子にはサンタさん
悪い子にはサタンさんがやってくる・・
ルハンとクリスはそのサタン一族だった

良い子リストがサンタ一族に渡るように
悪い子リストがサタン一族に回ってくるのだ






自動走行のソリに乗って
ルハンは訪問先の資料を読んでいる
「サタンが行く要素が見当たらないんだが・・・
優等生って感じなんだけどな・・
サンタとサタンが一緒の家に行くって前代未聞だな」


ふと顔を上げると高層マンションの30階のベランダに
サンタのソリが停まっている

「もう着いてる・・サンタ一族仕事早いな・・・・
とりあえず悪い子ちゃんにはお仕置きしましょうか」

ルハンが自分のソリをその隣に停めると
ベランダから中に入っていく


「なんか静かだな・・」

ルハンが暗闇の中目を凝らして見回すと
廊下に人が倒れている姿が見えた

近づくとサンタの服を着た少年だった

「おいっ・・・どうした?」

少年の横にコップが転がっている


サンタさんへ・・・飲み物や食べ物が置かれている
こいつは・・このミルクを飲んで倒れたのか?

まさか・・・ミルクに何か入ってたのか?

ルハンはサンタを抱き起すと体を揺すった

胃のある辺りをげんこつで殴ると
口からミルクを吐き出した

「げぼっ・・」

ゲホゲホしながらサンタが目を開けると
ルハンをぼんやりと見つめる

うわわわわわわっ・・・すっげ~可愛いっ!!!!
視線があったルハンの全身に鳥肌が立つ
キューピットの放った矢がルハンの心臓にヒットしたのだ


「俺・・ルハン・・君の名前は?」

「る・・は・・ん? サタンなの? 僕は・・シウミン」

シウミンは気分が悪いとルハンの肩に頭を預けた

「ミルク飲んだの・・そうしたら眩暈して意識なくなって」

ルハンがシウミンの話を聞いている途中で

「ふーん・・サンタっているんだ・・本物? 」

ルハン達の後ろから声がした

あわてて後ろを振り返ると
綺麗な顔をした中学生位の男の子が立っていた

ぞわっ・・

その男の子の瞳は冷ややかな光を放っている

「お前・・ミルクに何か入れただろう?」

ルハンがそう言って睨んでも
男の子は邪悪な笑顔を向けているだけだ

「サンタが実在するか気になったから
ちょっと飲み物に細工しただけだよ
おじいさんが飲んでいる睡眠薬をまぜてみたんだ」

ルハンは自分達が子供を十分に怖がらせる事の出来る
サタン一族である事を忘れる位
その男の子の発する邪悪さに気分が悪くなってきた

「ふん・・残念だったな・・俺は『サンタ』じゃなくて
『サタン』だ・・・
お前は悪い子だ・・・悪い子にはサタンさんがお仕置き・・
「あぶないっ!!!!!」」

ルハンと男の子の間にシウミンが突然割り込んできた

バチバチ

何か嫌な音がしたと思ったらシウミンが倒れている

男の子の手にはスタンガンが握られていた
「てめぇ~まじ怒った!!!!!」

ルハンはそう言うとシウミンを抱きかかえて
男の子に向かって呪文を唱える

バンっ!!!!

男の子の体が飛ばされて壁にぶつかった

「うううっ・・」

「てめぇみたいな性悪初めて見たぞ・・・
俺たち『サタン一族』は
お前のような悪い子をお仕置きしに来たんだ」

「お前の1番大切なものを取り上げてやる」

そう叫ぶとシウミンを抱きかかえたまま
ベランダからソリに乗り込んだ






************************************************


シウミンはベットで寝ているルハンの顔を
優しく見つめている

ふふふ・・ルハンの寝顔って可愛い

今日はクリスマスイブ
衝撃の出会いから3年・・・

シウミンは一族の長老たちの策略で
ルハンと離れ離れにされた時があった
その年は悲しくて
クリスマスイブも仕事をせずに
泣いて暮らしていた程だ

去年ルハンは自分を探し出してくれて
2人で手に手を取って駆け落ちをした

結局一族に見つかってしまったけど
ルハンが邪悪な子供から
シウミンを助け出してくれた事や
2人の愛が強固な事が分かって
今ではサタンやサンタの仕事から外れて
小さなおもちゃ屋を2人で経営していた

「ルハン・・・おはよ」

シウミンが声をかけると
ルハンはバチっと目をあける

目の前にシウミンの顔を見たルハンは
幸せで蕩けるのではないか・・ぐらいの笑顔を見せる

手を伸ばしてシウミンの頭を自分の方へ寄せる

ちゅ♡

「しうちゃん・・・おはよ♡」

シウミンがニッコリとほほ笑む

「久々に昔の夢みた・・初めて出会ったときの」

ルハンの言葉にシウミンは少し眉を曇らせる

ルハンは体を起こすとシウミンを優しくだきしめた

「ルハン・・あの時ルハンが助けてくれなかったら
僕・・・どうなってたんだろう・・・」

ルハンは黙ったまま抱きしめる力を強めた

「でも・・あの事件があって・・今の俺たちがある。
結果オーライと言う事になるんだよ」

「うん・・ルハンと楽しい思い出をたくさん作って
あの嫌な事を上書きすればいいんだね」


「しうちゃん・・・可愛い事言って・・もう~」

♪~ピンポーン~♪

ルハンがシウミンに濃厚なキスをしようとしたときに
玄関のチャイムがなった

「チェンが来たよ~ルハン早く着替えて!!!!」

「しうちゃーん」

情けない顔のルハンを残してシウミンは玄関に向かう

ドアを閉める時に振り向いてニッコリ笑った

「ルハン~いつまでも一緒だよ。あいしてる♪」

それだけ言うと頬を赤く染めて走っていく
しうちゃーん・・・可愛すぎ・・それ反則だよ・・

ルハンは嬉しさのあまりベットに撃沈・・・・

いつまで寝てるんだ!!!とチェンに怒られるのは時間の問題

それまで幸せに浸りきっていたルハンだった



おしまい
プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。