ドライブ

いつも遊びにいらして下さる方々
ありがとうございます

なかなか更新できずにすみません

共に生きる が途中ですが短い話をあげます

明日からSMTですね
宗文は28日のみ参戦です
チケ運がないので想定どおりのドーム2階席でした・・・


同じ空気を吸える・・・・と言う事で良しとします



[ドライブ]   ~チェンside~

「じゃあ2台で出発しましょう・・・Kは誰が運転するの?」

ディオがトートバックに
料理の入ったタッパーを入れながら周囲に聞いてくる

「俺~俺~」
チャニョルが嬉しそうに両手をあげてアピールする

「お前の運転かぁ~酔い止め飲んでおこう」
ベッキョンがニヤニヤしながらチャニョルをからかう

「これ・・・Mの分ね」

ディオに渡されたトートバックを持つと
僕はメンバーの方を振り向いた

クリスヒョンとタオは鏡の前で服装チェックに余念がない
その2人の周りをセフンが嬉しそうにまとわりついている

レイヒョンはソファに座ってあくびをしている
徹夜状態で作曲していたようだ

カイも反対側のソファで眠っていて
スホヒョンが肩を貸してあげている

「しうちゃーん・・・うちは誰が運転する~?」
ルハニヒョンがそう言うと
ちらりと僕を見た・・・つられてウミニヒョンも僕を見る

目が合ってしばらく見つめあった後で
ウミニヒョンがニッコリと笑った・・・カッコいい・・

「俺が運転するよ」



今日は久々のオフ

2台の車で近所のキャンプ場に行く事になった
実は今日は休みだけど明日はそのキャンプ場で撮影があるんだ

自然の流れで車はそれぞれKとMに分かれた

ウミニヒョンが運転席か・・・助手席はルハニヒョンだろうな・・

僕は気を回したつもりで助手席を譲ろうとすると
ルハニヒョンが僕を助手席に押し込んだ

「チェンは助手席でしうちゃんをサポートしてね」

クリスヒョンとタオとレイヒョンは素早く後ろの座席に乗ると
すっかり寝る体制に入ってる

え・・え・・

「よし出発だ」

ウミニヒョンが小柄なでも男前な運転で
キャンプ場に向かっていく

「ねぇしうちゃん♡」

「ん♡」


ルハニヒョンは運転席の後ろに陣取って
運転しているウミニヒョンの耳元に
顔を近づけておしゃべりをしている
鼻の下が伸び切ってデレデレ状態

そうか・・・

助手席に座るよりも距離は近いっちゃ近いな・・・

あーあールハンさんよ~
シートベルトはちゃんと締めようよ~

どんどん2人の世界になってきて
周囲はピンクの♡が飛び交い始めた頃

僕は助けを求めて後部座席を見た

あーっ

3人とも完全に夢の中だ~!!!!!
僕一人取り残された~!!!


「しうちゃんの運転姿カッコいいね」

そう言いながらルハニヒョンは
スマホでウミニヒョンの運転姿を撮影し始める

そっからだとほとんど後ろ姿しか映ってないだろう

僕は心の中でこっそり呟いてみたけれど
ルハニヒョンは気にしてないようだった

「ルハン!!!俺は安全運転したいんだからな・・・
俺の体には触るなよっ!!!!」

今にもルハニヒョンが
抱きつきそうな気配を感じたのか
ウミニヒョンが赤信号の時に後ろを振り向いて注意した

てへ♡

超可愛い笑顔に舌をチロっと出して肩をすくめる
その瞬間ウミニヒョンの顔が緩む

それからずっと2人のラブラブtimeが続き

たまらなくなった僕は狸寝入りを決め込んだ


CHU♡

やばいぞ・・・・
どんどん2人はエスカレートしていっている

ヒョン達お願いだから・・・安全運転でお願いします



後ろの3人はこうなる事を想定してたのかと思うと
僕は自分の学習能力のなさを感じてがっかりした・・・


キャンプ場まであと1時間・・・バカップルはまだまだ続く・・・



おしまい






スポンサーサイト

共に生きる 七夕

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

共に生きる 4

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

共に生きる 3

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ストロベリームーン 後編

[ストロベリームーン 後編]


婚礼の宴は大盛況で続いている

長年不和だった闇の一族と魔族の長老たちも
ヒチョルとハンギョンの盛大なもてなしに十分満足していた
あまりにも長い時間を「不和」としていたため
協定を結ぶ切っ掛けが欲しかったのかもしれない

長老たちを恐れて中々交流が出来なかった若者たちも
今日がチャンスとばかりに交流を深めようと声をかけあっている


「しうちゃん・・」
今日の主役であるヒチョルとハンギョンの座っている
ひな壇後ろで控えていたシウミンの背後でルハンの声がする

シウミンが慌てて振り向くと
ルハンの使い魔である白いフクロウの姿が見えた

フクロウが口を開くと
主のルハンの声で伝言を伝える

「うん今から向かうから待っててね」

シウミンの声が聞こえたのか
ヒチョルが前を向いたまま
控えているシウミンとチェンに話しかけてきた

「お前らもうお役御免だから
好きなとこに行って楽しんで来い」


さっさと行けと言わんばかりに
左手を頭の後ろで振ってくる

2人はヒチョルにペコリと頭を下げると
それぞれの相手の待つ場所に向かって走って行った







ルハンが指定したのは
屋敷の中庭にある大きな噴水の所だった


「ルハン・・・カッコいい・・王子様みたい・・」
ルハンが佇んでいるのが見えて
シウミンは必死で走り始める

「しうちゃん・・ころんじゃう・・気を付けて」
ルハンがそう注意を呼びかけた途端に
着ていた衣裳の帯がほどけて踏んでしまった・・・

あっ・・・

シウミンは思いっきり転ぶのを予感して
身構えていたら・・・
背中からふわりと抱きしめられて
地面にダイブする事は避けられた

「もう・・しうちゃん・・・あぶないんだから」

耳元でルハンのやさしい声がする
振り向くとルハンの笑顔が間近にあった

「うん・・ごめん・・ありがと・・下ろして」

シウミンはルハンに背中から抱きしめられて
空中に浮いている状態だ
ルハンの背中から大きく美しい白い翼が見えた

ルハンはシウミンの耳に優しくキスをすると地面にそっと下した

「ルハンの翼・・初めて見た・・綺麗・・」

大きくつりあがった瞳を
一回り大きくしてルハンを見つめるシウミン

そんなシウミンを見てルハンの端正な顔は崩壊寸前

2人は見つめあったまましばらく言葉を発しなかった



バーンパーン

2人の沈黙を破るかのように花火が鳴り出した

「しうちゃん・・・花火だよ」
ルハンはシウミンを優しく抱きしめると
噴水横のベンチに腰をおろす

「ヒチョル様達のお祝いの花火だね」

シウミンが楽しそうに花火を見上げると
ルハンはその横顔をじっと見つめていた

「綺麗だね」
「うん・・でも・・しうちゃんの方がきれいだよ」

え?

花火の音で言葉が良く聞き取れなかったシウミンは
見上げていた顔をルハンの方に向けた

「はい」

頭の上に何かを乗せられた

?

驚いて頭の上の物を取って見ると花かんむりだった

「しうちゃん・・・俺と結婚してください」

シウミンは黙ってルハンの顔を見つめる

「俺・・ハンギョンほど力ないけど・・・
しうちゃん1人ぐらい守れる・・・」

「ルハン・・・」

「一緒に住みたいの・・・しうちゃんとずっと一緒にいたいの」

シウミンはビックリしたまま声が出ない

カッコよく決めるつもりだったルハンは
シウミンの返事が中々聞けなくて
段々と小さな子供みたいに駄々捏ね始めた

「しうちゃんは・・・俺とは・・・住みたくないの?」

泣きそうな顔をしてシウミンを見つめる

シウミンはニコっと笑うと頭を左右に振った

「俺も・・俺もルハンと一緒にいたい」

そう言ってシウミンはルハンの首に抱きついた


2人の唇が重なる
始めは優しくそれから深く

名残惜しそうに唇が離れる

ルハンがもう一度花かんむりをシウミンの頭に乗せる

花かんむり


「綺麗だよシウミン
もう離さない・・ずっと一緒だよ」

「うん・・・ずっと離さないでね」

2人をストロベリームーンの灯りが
包み込む様に優しく照らしていた


DBzM2yfUIAIR5d9.jpg


おしまい







プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR