出会う 前編

「偶然による~」がまだ途中ですが

突然浮かんだshort話をあげます

この話は大人になった2人が妄想中でして

その知り合ったきっかけになります

韓国の高校事情が分からないので日本を参考にしました





[出会う] 前編



「ルハン!!!!お前今日は給油当番だから、

部活は当番終わってからだぞ」


担任のサッカー部顧問に帰りのショートで言われて

ルハンは小さく口をとがらした

「へーい・・分かってますよ」



校舎の裏側にある燃料倉庫にたどり着くと

音楽教師のパク先生がルハンにチェック表を押しつけた


「ルハンくん・・サボらないで来てくれて助かったわ・・

取りに来たクラスをチェックして!

ポリタンクが戻ってきたらまたチェックしてね」


「へーい」


「ポケットに手を突っ込まない!!!!

第二ボタンはしめるんでしょ!!!ネクタイ緩めすぎ

シャツの裾はズボンにいれる!!!!」


うるさいなと思いつつも黙って言われたように制服をなおす

そうしているうちに

クラスの給油担当がポリタンクを取りに来始めた



「なんだ~今日はルハンが当番なのか? 美化委員さんおつかれ~」


「先輩おつかれっす!!!ポリタンクは終わったら必ず戻してください」


半分以上のクラスが取りに来て

少し間が空いた頃


校舎出入り口からテケテケと走ってくる小柄な生徒がいた


なんだ? 走り方がちょこまかしてる・・・ハムスターみたいだな

ルハンはじっとその生徒を眺めて近づくのを待っていると


「遅れてすみません・・・1-Aです灯油ください」と息を切らせながら言う


(1-Aって特進クラスじゃん・・こいつ頭いいんだ・・・

ワイシャツ第一ボタンまでしめてるし・・ネクタイもキチンとしめてる・・・)


ルハンがチェック表をつけながら生徒の顔を見つめていると


「あれ? キム・ミンソク? あなたホームルーム委員なのに取りに来たの?」

パク先生が声をかけると「今日当番が風邪で休みだったんです」


「君が来ることないじゃない? 美化委員にやらせればいいのに」


「でも・・・自分寒がりだから・・取りに来ました」

そう言ってニカっと笑った


一重なのに切れ長で大きな瞳がいたずら子猫のようにキラキラしている

ルハンはその瞳に吸い寄せられるように見つめていた


「灯油ください」

あっ

ルハンはあわてて1-Aと書かれたポリタンクを渡す


「重いから・・気をつけて」

今まで誰にも言わなかった言葉が自然と口から出てきた


「大丈夫~」

ミンソクは小さな体からは想像できないパワーで

ポリタンクを軽々と持って走り去って行った



「ルハンくん・・・部活があるでしょ? もういいわ・・・

後は空のタンクが戻ってくるのをチェックするだけだから

私がやるから・・・部活に行っていいわよ」


パク先生のありがたい申し出にも

走り去って行ったハムスターにまた会いたい気がして

少し躊躇していたが

サッカー部の部室の方から楽しそうな声が聞こえてきたので

「ありがとうございます・・俺・・行きます」と答えた



チェック表を先生に渡した後

思い出したようにルハンはパク先生に質問をした


「先生・・・特進クラスって・・部活入れないんですよね」


「ん? 特進? そうそう放課後は補講とか入ってるから

運動部なんてもってのほかよね・・・

大学進学のための勉強を今からやってるんだもん」


「あいつ・・・」


「あ? さっきのミンソクくん? あの子中学時代はサッカー部だったみたい

ポリタンク持ったフットワーク軽かったわね~」


「もったいないな・・・」


「そうね・・・特進は授業料免除とかあるから・・・

おうちの事情もあってなんでしょうね・・・」


ルハンは好きなサッカーが好きなだけ出来る状況に感謝をした

感謝なんて今までしたことなかったけど

パク先生の「おうちの事情」という言葉が頭の片隅に残った


1学年にクラスは10もある

特進クラスなんて自分とはまったく縁遠い存在だ

今日会った子猫みたいな瞳をもったミンソク・・・

ルハンの頭から離れない

また会いたいな・・・

会ってサッカーの話でもしてみたいな・・・

ニカっと笑った顔を可愛いと思った

その顔を思い返しながらルハンは部室に向かって走っていく




ミンソクに「一目ぼれ」をした自覚がないまま

息苦しい気持ちを体調の悪さだと思い込んで

ルハンは自分をとりまく日常生活に戻るのだった




続く
スポンサーサイト

出会う 中編

「出会う」 中編


ルハンの学校は私立の男子校で

運動部はサッカーを筆頭に全国大会出場の強豪ぞろい

そんな体育学校に数年前に特進クラスが出来た

特進クラスは入学金や授業料の免除がある代わりに

3年後有名大学合格という条件があった

なので部活には入る事は許されず

勉強だけの高校生活を過ごすことになる



特進クラスの子猫のような瞳をもったミンソクを知ってから

ルハンは時々ミンソクがサッカー部の練習を見ている事に気が付いた


校舎間の渡り廊下の隅だったり

校庭の隅だったり・・・・ルハンと目が合うわけではないが

なんとなくぼんやりと自分達を見ているミンソクは小さな子供の様に見えた



「おいルハン? 何見てんだ?」

2年生のマネージャーのチョンジンが休憩中のルハンに声をかける

ルハンの視線の先を見て「ああ・・あいつまだ見てんだな・・」と呟いた

「先輩? まだって何?」

「入学したばかりの頃、サッカー部の練習をよく見てたから声かけてみたんだ」

チョンジンの言葉にルハンは顔をむける

「ミンソクは・・・特進クラスだよ・・・」

「ルハン・・・お前あいつの知り合いか? そう特進クラスだから部活できないって」

「サッカー部にいたって・・・聞いた」

「サッカーが好きなんだな・・・だからああしてお前達を見てるんだな」

ミンソクは・・・サッカーがやりたいんだろうな・・俺があいつの立場だったら

サッカーやりたくて・・・おかしくなりそうだ・・・


ルハンがミンソクの姿を見ていると

ミンソクは小さくため息をついて教科書を抱えたまま校舎に消えていった

その姿はルハンの心の片隅に引っかかった・・・・





いつもより練習が早く終り

ルハンがグランドから飛び出していったボールを拾い集めていると

校舎からミンソクが出てくる姿が見えた


「補講が終わったのかな?」

ルハンは小さく呟くとミンソクに向かって手にしていたボールを投げた

うわっ

突然目の前にサッカーボールが現れて

ミンソクはすごく驚いたが

お腹で受け止めてその後冷静にリフティングをし

最後に膝でボールを上げて手で受け止めた


(うわっ・・・ミンソクって反射神経スゲーいい)

ボールを手にしてキョトキョトと周囲を見回してルハンの事を見つけた

にこっ

キラキラした瞳でニッコリとルハンを見つめる

手にしたボールを見せて小首をかしげた

(うわっ・・・すっげー可愛い・・・なんだよこいつ・・・)


ルハンは深呼吸をひとつすると

「ごめん~そのボールうちのだよ~拾ってくれてありがとう」と声をかけた


「特進クラスのミンソクだよね・・・俺サッカー部のルハン」

「うん知ってる・・・ルハンは1年生の中ですごく目立っているから」

「ミンソクってリフティング上手だね」

「そんな事ないよ」

照れるミンソクからボールを受け取りながら

ルハンは自分で予想もつかない言葉を発していた

「明日さ・・・友達とフットサルやるんだけど・・ミンソクもやらない?」

「え?」

「特進クラスで部活できなくても・・たまにフットサルする時間くらいないの?」

「・・・・・・・」

「俺も毎日練習あんだけどさ・・・自主練なんかの時には

昔の友達とフットサルしたりすんだ・・・実践も必要だろう?」

そう言ってルハンはニッコリとほほえむ


「勝ち負けとか関係なく

サッカー好きなヤツだけが集まってるから・・・

とりあえず明日時間あったら・・・やらない?」

ミンソクはしばらく下を向いたまま何かを考えていたが

手にした教科書をギュっと握り直すと

「明日・・・時間とれるかも知れない・・・明日だけなら・・」と小さく呟く


「え? まじ? 時間と場所後で連絡するからカトク教えて?」

ミンソクははずかしそうに小さくうなずくとカバンから携帯を取り出した





翌日

約束した公園にミンソクはやってきた

ルハンと友人たちは小さいながらもフットワークの軽いミンソクに驚き

サッカーのセンスの良さにも驚いた

ルハンと同じチームになったミンソクは徹底してルハンのアシストをする

初めて一緒にフットサルをするのに

もう長年一緒のチームにいるかのように息がぴったりとあっていた


「ミンソク・・・すっげー上手いよな!!!!!おれ今日すっげー楽しかった」

ルハンが最後にそういうとミンソクは恥ずかしそうに小さく笑った

「ミンソク!!!!もう俺たちのメンバーだからな~時間が合えばまた来いよ」

他のメンバーからもそう言われて凄く楽しそうにミンソクは笑う



その笑顔を見つめていたルハンの心臓が突然バクバクし始めた

ミンソクの学校で見ることのない心からの笑顔を初めて見て

ルハンは呼吸が出来なくなるんじゃないか・・そう思うくらい胸がしめつけられた

ルハンは胸の痛さを気づかないふりをしてその場をすごした・・・・


この後も時々ミンソクはルハン達とフットサルを楽しむようになった


そして2人は2年生になる頃には

「親友」というカテゴリーの中にお互いを置くことになる




続く

出会う 後編

[出会う] 後編


ルハンは2年生になるとサッカー部のレギュラーとなり

3年の引退までほとんどサッカー漬けの日々を送ることになる


ミンソクも校内模試で1位を取り

有名大学合格という学校側の期待を一身に集めていた


お互いに多忙ですれ違いな学校生活を送っていたが

時々予定を調整しあって一緒の時間を過ごすこともしていた


ルハンの中でどんどんミンソクの存在が大きくなっていく

それは「親友」というカテゴリーに

収まり切れない事になりつつあったが

ルハンは気づかないふりをして自分の気持ちを隠し通していた


ルハンのサッカー部が全国大会でベスト4の結果に終わった

サッカー推薦で大学に行こうと思っていたルハンは

その悔しさからちゃんと勉強して大学に入学しようと心に決める


ミンソクは自分の得意分野でよければ手伝うと申し出てくれて

週1でルハンの家で数学を教えてくれることになった


「こんばんは~ユナちゃん!!!おじゃまするね」

ルハンの五つ下の妹が玄関口でミンソクを出迎える


「ミンソクおっぱ!!!!馬鹿ルハンを厳しくしごいてくださいね」


「ユナ!!!!馬鹿って言ったな~兄ちゃんにむかって」


「だって私のプリン黙って食べたでしょう?」


事実を言われてルハンは悔しそうに黙り込んだ


「いつも夕飯ごちそうになるから・・・

今日はユナちゃんの好きなプリン持ってきたよ

ユナちゃん!!!どうぞ!!!お母さんに渡してね」


ミンソクがタイミングよくケーキ屋の箱をユナに手渡すと

ルハンはミンソクの手を引いて自分の部屋に連れていく




「もうすぐ修能試験だな・・・ルハンはかなり頑張ったよね・・

今日からまとめ問題に進むからね」


「ミンソク~俺頑張ってる~だから褒めて~」

ルハンはミンソクに褒められてうれしくなって

その小柄な体を力いっぱい抱きしめた



あっ・・・・

一瞬ミンソクの体が強張った


ルハンの腕の中にすっぽり入ってしまった状態で

自分でもどうしたらいいか分からない・・・・

心臓がやたらとドキドキする・・・しばらくそのままでいたが

ルハンが小さく息を吐くと

抱きしめたまま優しくミンソクの頭をなでた


「同じ大学に行きたいのに・・・俺頑張っても無理・・・

ミンソクが俺の勉強の手伝いしてくれるから・・

お前の勉強時間を削ってる感じして・・・ごめんな・・・」


ルハンの小さく囁く声にミンソクは頭をあげてルハンの瞳をまっすぐにみる


「人に教えるって意外に頭使うんだよ!!!ルハンのおかげで俺も数学完璧になったよ」

そう言ってニカっと笑う


あああ・・・その笑顔・・・ミンソクの笑顔でルハンの胸の中が疼きまくっている


そんな事が毎週続いたおかげでルハンはかなりの忍耐力がついた

もともとサッカーで鍛えられた持久力に

この精神的な忍耐力・・・そして耐久力までがそなわった


そして驚異的な粘りも加わり無事に志望大学に合格する事ができた

ミンソクも一流大学の法学部に合格し特進クラスの初の快挙を成し遂げる


それぞれの大学に進学しても2人の交流は続いたが

司法試験を視野に入れ始めたミンソクと

大学でもサッカー部に入学してインカレで活躍し始めたルハンとでは

お互いに忙しすぎてすれ違う事ばかりになった


2人の所属する世界があまりにも違ってしまった・・・

それでもルハンはまだ「親友」という枠にしがみついて

ミンソクと繋がりを持っていたいと思っていたのだった



続く

「想う」「願う」と続いていきます

「偶然による~」の話が終わってから書きます・・・すみません・・・

想う ~前編~

以前に書いた「出会う」の続編を書きました

「想う」です

出会うを読んでない方は先にこちらからどうぞ

出会う


↑クリックすると飛びます

るーみんの高校時代の話となります


「想う」 ~前編~


~弘大の日本式居酒屋~ 2月の某日


「ミンソク久しぶりだな~元気だった?」

ミンソクが居酒屋の個室に入っていくと

すでに集まっている男性陣から声をかけられた


「チャニョル達も元気だった? みんな就職したの?」


高校時代のフットサル仲間からの誘いで

大学卒業祝いという名目の飲み会に参加したのだった


高校時代に特進クラスに所属していたために

部活動に参加できなかったミンソクを思って

ルハンが中学時代の仲間で作ったフットサルチームに誘ってくれた

「サッカーが好き」という条件で参加できる同好会は

ミンソクにとってかけがえのないものになった

高校もバラバラで大学もバラバラだったが

お互いに予定を調整しあってフットサルを楽しむ事を続けていた

そしてそこで知り合ったメンバーも今では大切な友達になっている


「ミンソクは大学院に行くんだろう?

ロースクールに行って司法試験受けるんだよな」

下請けのテレビ制作会社のクルーに内定したチャニョルが

みんなに説明するように言うと


「俺はメーカーの営業になった~」とベッキョンがビールを片手に報告する


「ルハンは・・・今日はやっぱり無理だったんだね」

親の会社を継ぐ事になっているスホが寂しそうに呟いた


「でもさぁ~

俺らの仲間からプロ選手になった奴がいるなんて鼻高々だなぁ」


ベッキョンがスホの肩をバシッと叩くとビールのおかわりを頼む



大学でサッカーを続けたルハンは大会毎に大活躍をしていた

そしてプロから声がかかり春からプロリーグの選手となったのだった


「ミンソクは最近ルハンと連絡しあってる?」

レイが心配そうにミンソクに聞いてきた


レイはその綺麗な容姿から高校を卒業してからモデルの仕事をしている

大学は入学したが途中で辞めてしまったとの事だった


「うん・・・俺はメールばかりだけどルハンから電話が良く来るよ

昨日も連絡あって・・本当はここに来たかったけど

どうしてもスケジュール的に無理だから、みんなによろしくって」


「あー残念!!!!シーズン前に活入れてやりたかったのに~」


「開幕したらますます会えなくなりそうだね・・・って俺たちも

新しい職場で慣れるまで忙しくなりそうだし・・・」


「スホ~お前今日暗いぞ!!!!!ほれっ見てみい」

ベッキョンが自分のスマホを取り出すと

アルバムから写真を探し出してスホの顔の前に差し出した


「ああ・・・懐かしいな・・・」

スホが小さく笑うと他のメンバーも覗きに集まってきた


「これ・・・ミンソクが初めて俺たちと練習した日のだろう?」

ミンソクとルハンを囲んでみんなで笑顔で写っている


「うわっ可愛いっ!!!!ミンソク小さっ!!!!」


「うるさいっ!!!!ベク!!!お前に言われたくない!!!!」


「みんな幼い顔してるね・・・16歳位?」


新しくメンバーが増えたから記念に撮ろうよ!!!!

ルハンが言い出して撮ったものだった

ミンソクは当時の事を思い出すと胸が甘く疼く


突然ルハンに誘われて参加したフットサルチーム

初めて会うのに、みんな長年の友達のように接してくれて

あの時思い切って参加して良かったとミンソクは思う

友達もほとんどいなく勉強だけの日々だったのが

ルハンのおかげで充実した日々に変わった・・・

ルハンはいつでもみんなのリーダー格だった

いつも明るくて元気でサッカーが一番上手で・・・


みんながルハンに会いたくて

しんみりした所にミンソクのスマホがぶるぶると震えた


「あっルハンから電話だ~」

ミンソクが嬉しそうに電話に出るとみんなが集まってくる


「ミンソク? みんな元気そう?」


「おいっミンソク!!!スピーカーにしろよ」


「ちょっ・・ちょっと待てよっ!!!ルハン~みんな集まってるよ」


「あははははっ!!!!楽しそうじゃん・・・俺も行きたかったけど・・・ごめんな」


ルハンとの電話でメンバーが盛り上がる

散々電話口で騒いだ後に

「シーズンオフには絶対に会おうね~」と言って電話は切れた


「ルハンはさぁ、ここのメンバーの番号知ってるのに、

結局ミンソクの番号にかけてくるんだなぁ」

チャニョルが少しいじけて言うと


「仕方ないじゃん・・ルハンの一番はミンソクなんだから」とレイが答えた


ぶっ!!!!!!


「ミンソク~汚ねぇなぁ~ビール吹くなよっ!!!!」


「う・・うん・・・ごめん・・・」


「あれ? 何か赤いよ・・顔・・・」


「けけけけ・・・ルハンの一番に照れてますか~?」


「うるさいっ!!!!ベク黙れっ!!!!」


周囲にからかわれながらも

中学時代の友人よりも自分が優先されている事実にミンソクは嬉しかった



俺たち親友だもんな・・・俺の一番もルハンお前だよ・・・


心の中でミンソクは呟く


この時のミンソクは

まだ自分の本当の気持ちに気づかないでいたのだった・・・

想う ~中編~

[想う]  ~ 中編~ 

ユナside


5歳年上のお兄ちゃんは、小さい頃からけんか相手だった

5歳違いだとそんな事はない・・・と皆言うけど

実年齢よりも、頭の中がお子ちゃまなお兄ちゃんは

高校生になるまで、小学生の私と対等におやつの取り合いをしていたのだ


ルックスもサッカーの能力も抜群だったお兄ちゃんは

高校生活はサッカー漬けの日々になって

あまり私の相手をしてくれなくなった


そんな時にお兄ちゃんに一番の親友が出来て

時々遊びに連れて来るようになった


そのミンソクオッパは、女の自分から見ても可愛らしい人で

白い肌に大きな猫のような瞳にぷっくりとした唇を持っていた

そしていろいろな知識を持っていて話すと面白い人だった

いつもお兄ちゃんと大声で笑いながら話をしている

ミンソクオッパは事情があって家族と離れて暮らしているらしく

遊びに来ると私の事をすごく可愛がってくれた・・・それは今でも変わらない


大学受験の前あたりでは

サッカーバカだったルハンお兄ちゃんのために

毎週勉強を教えに来てくれていた

私はもう一人お兄ちゃんが出来たようで

ミンソクオッパの事が大好きだった



でも私よりもお兄ちゃんの方がオッパの事を好いていた

あれは「友達」の枠からはみ出ている好意だと

中学生の私が分かるくらい・・・

好意よりも執着しているように見えた・・・



高校を卒業するとお兄ちゃんは大学でサッカー部の寮に入ってしまい

ミンソクオッパも違う大学で勉強に忙しくなり

家に遊びに来ることはなくなった


そしてお兄ちゃんはプロの選手になってますます忙しくなり

ミンソクオッパも大学院に進んで

勉強漬けの日々を送っているようだった


今日私の20歳の誕生日

久しぶりに家にお兄ちゃんとミンソクオッパが来てくれて

私の成人のお祝いをしてくれるそうだ・・・・・・・・








「ただいま~」

ルハンの声にリビングにいた両親が

嬉しそうに玄関まで迎えに行った


「おお・・・久しぶりだな・・・試合はテレビで見てるけど」

「あなた・・少し痩せたんじゃないの? ちゃんと食べてるの?」

「玄関先で質問攻撃? 家に上がらせてよ~ミンソクも連れた来たよ」

ルハンが苦笑しながら両親をかき分けて

ミンソクを玄関に上がらせる



「お久しぶりです・・・ご無沙汰しっぱなしですみませんでした」

リビングに通されると、ミンソクがルハンの両親に丁寧にあいさつをする

「元気そうね~あれから6年・・・あの時は本当にルハンがお世話になりました」

母親が懐かしそうにほほ笑むと、今日の主役がリビングに入ってきた


「ユナちゃん・・・成人おめでとう・・・

少しばかりだけどお祝い持ってきたよ」

「ミンソクと一緒に買ったんだ!!!!2人で選んだんだぞ」

ルハンがそう言ってミンソクのカバンから包みを受け取り

ユナに向かって手渡した


小ぶりの箱で包み紙は高級デパートの名前が記されている


「えええ? 何だろう?」


可愛いワンピースを着て、あどけない少女の雰囲気の残るユナは

好奇心で瞳をキラキラさせながら、

箱の包装紙を外して中のものを取り出した


「うわっ!!!!可愛い時計だあ~!!!!

お兄ちゃんにミンソクオッパありがとう!!!!」


ユナが手にしたのは

若い子に人気のある有名なブランドの腕時計だった

決して安いものではない・・・だから2人で折半したのだろう

2人がどんな顔をしてこの時計を選んだのか想像しただけで

嬉しくて顔全体が緩んでくる


ユナはルハンに抱きついてお礼を言い

次にミンソクに抱きついてお礼を言った


「ユナちゃんが喜んでくれてよかった~」とミンソクが嬉しそうに笑うと

「選ぶのに大変だったんだぞ」とルハンが言いながら

ユナの腕をぐっと引いてミンソクから離した

え?

思わずルハンの顔を見たユナは

笑顔だけど瞳が笑っていない兄にドキっとした

(お兄ちゃんって・・・まだ・・・)

ユナは気づかないふりをして、はしゃぐ事を続ける


「さあさあ食べましょう・・・せっかくの食事が冷めてしまうわ」

「そうだよ今日は飲もう!!!!ルハンにミンソクくん!!!グラスを持って」

乾杯!!!!!


久々に楽しい宴となり

いつもなら少しの事では酔わないミンソクが

珍しく酔っぱらってソファで眠り始めた


「母さん・・ミンソクずっと徹夜だったみたいなんだ

もう俺の部屋で寝かせるから・・お開きにしていい?」


「そうね・・・ここはやるからミンソク君を寝かせてあげなさい」


ルハンは大切な宝物でも扱うように

眠っているミンソクをお姫様抱っこをして階段を上っていく

その姿を見ていたユナは

兄のミンソクへの長年の想いがまだ続いている事に気づいた

ルハンの後を追うようにミンソクの荷物を持って

ユナも階段を上がっていく


ユナが2階にたどり着くと

ルハンはすでに部屋の中に入っていた

閉めそこねたドアが少し空いている


ルハンは大事にミンソクを自分のベットに寝かせると

ものすごく優しい顔で愛おしそうに寝顔をながめていた


そして顔をそっと近づけると

眠っているミンソクの唇に自分の唇をそっと重ねる


覗くつもりではなかったがユナはその様子を見てしまった

そして眠っているミンソクから顔を離したルハンの

ものすごく辛そうな顔をみて自分の胸もズキンと痛むのを感じた


ミンソクの荷物をそっと廊下に置くとユナは階段を下りていく



お兄ちゃんのヘタレ・・・・片思いのまま何年過ぎてるの?

馬鹿じゃん!!!!


心の中でそう毒づくと、大学時代に女遊びが絶えなかったのは

ミンソクへの想いを断ち切ろうと足掻いていたんだと気づいた


なんで告白してないで逃げるんだろう・・・同性だから?

やはりお兄ちゃんは馬鹿だよ・・・・


ユナはルハンの気持ちを想うと、バカバカと毒づきながら

そっと涙を流していた
プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR