運命 1

[運命] 1



シウミンがまだ小さかった頃

彼の住んでいる村には大きな塀があった

村の北側を何十キロにもわたって続いている塀・・・

大人でも乗り越えて向こう側には行けないくらい壮大で

いつの時代からあるのかも分からないものだった


村の子供たちは塀の向こう側には悪魔が住んでいて

塀に近づくと襲われると大人たちに言われながら育ったので

塀の近くに近づこうとするものは誰もいなかった




「るる・・るる・・どこに行っちゃったの?」

シウミンは逃げ出した子猫を探して

いつの間にか遠くまで来てしまっていた

雑木林の中の方から微かに何かの鳴き声がする


「るる?」

微かな鳴き声を頼りに雑木林の中に入って行った

「みゃあ~」

木の下でうずくまっている子猫を見つけ

笑顔を向けたシウミンは大事そうに胸に抱く


気づくと月が頭の上までのぼっていて辺りを照らしていた

「うわっ・・・早く帰らないと怒られちゃう」

シウミンが慌ててその場を去ろうとした時

何かの音がシウミンの耳を捕えた


え? 歌? 何だろう・・・・

切れぎれに誰かが歌っている声が聞こえる

その歌声の方に近づいていくと塀にたどり着いた


「塀・・・・

この向こうには悪魔が住んでいるって・・

ばあちゃんが言ってた・・・近寄っちゃだめだって・・」


~♪

歌声は塀の向こう側から聞こえてくる・・・

微かに聞こえてくる歌声は

何故だかシウミンの心を捕えて離さない


もしかして悪魔が歌ってるの?

たとえ悪魔だとしてもずっと聞いていたい・・・


シウミンは塀の所にいるのを

大人に見つかったら怒られると思い


慌てて走ってその場を離れた






「シウミン・・・どこまで探しに行ったの?」

帰宅したら祖母が家の外に立っていた

「ちょっとそこまで・・・」

そう言って子猫を祖母に預けて家の中に走って行く

「まさか・・・塀の側まで行ってないだろうね」

祖母の声が後ろから聞こえてきたが

シウミンはそのまま走り去る


10歳の時に塀の向こうから聞こえた歌声が

ずっと気になっていたシウミンが

大人の眼を盗んで次に同じ場所に来るのに

1年の歳月が過ぎてしまっていた


しかしシウミンは1年の間歌声を忘れる事はなく

たとえ悪魔が相手だとしても

もう一度塀の側まで行きたいと思って日々を過ごしていたのだった


続く
スポンサーサイト

運命 2

[運命]  2



シウミンの友人のスホは旧家の末息子だった

そこの家は村長や学校長などの代々固い役職についていて

スホの父は都会で判事をし、年の離れた兄たちも都会で生活している

幼いときに母親を亡くしたスホは体が弱った事もあり

引退した祖父母と村の屋敷に住んでいた


病弱という事もあり祖父母の溺愛を受けて育ち

シウミン達が毎日のように屋敷に押しかけても

嫌な顔されず、おやつまで出してもらえるので

いつの間にかたまり場となっていたのだ


もっとも常連のシウミンやベッキョン、チャニョル、チェン等は

品行方正・・とまではいかなくても悪い子達ではなかったので

それらが許されていた



ある日屋敷の屋根裏部屋に探検に行ったメンバーが

古い地図と書物を見つけ出した


「この地図って・・・俺たちが習ってるのと違くねぇ?」


ベッキョンがほこりまみれの地図を広げて皆に見せる


見た事あるけど何かが違う・・・それって・・・

皆が首をかしげながら考えているとシウミンがボソッと呟いた


「塀が・・・ない・・・ここから向こうは塀があるはず・・・」


学校で習っている地図は塀からこちら側だけのものだった

でもこの地図は知っている地形の倍はある



「やっぱり悪魔が住んでるって話は嘘なんだ・・・

国境みたいに塀があるって事なのかな」

優等生のスホが地図を見ながら説明を始めた


チャニョルが鉛筆で自分達の知っている地区をなぞり始めると

1つの村が塀で二等分されたようになった

南側は自分達が住んでいる良く知った地区

線の北側は塀の向こう側になる


そんな事が分かってから

好奇心旺盛な年齢の子供たちは

黙っていられなくなった

探検隊を結成して塀の近くまで行くことにする


スホの屋敷からそのまま北上すると

塀があるはずだった

シウミンは

誰にも話していない1年前の事を思い出し

またあの歌声が聴けるかと

ドキドキしながら仲間に付いて行った



しかし

屋敷と塀の丁度間に見張り小屋があり

塀に近づこうとしている子供たちは

簡単に見つかってしまい

かなり怒られる事となった

スホの祖父が慌てて子供たちを引き取りに来て

かなりお灸をすえられたが

なぜ塀の側まで行こうと思ったのかと理由を問いただすと

古い地図の存在を知り祖父は頭を抱え込んだ


「君たちには嘘を教えるわけには行かないな・・・

この事はここだけの内緒の話だよ」と

子供たちにこっそりと真実のほんの一握りを教えてくれた



大昔・・・

古い地図の通り

村は今の倍の広さがあった


ある時戦争が起こり

村は2等分されてしまった

大きな塀はその時に作られたもので

塀の向こう側には

昔は同じ村人が住んでいたが

今では違う国が統治しているために

消息を知る事が出来ない・・・との事だった


塀の向こう側を統治しているのは独裁国家

塀は村だけではなく東西に何百キロも続いている

子供たちは再度近づいてはいけないと

釘をさされてスホの屋敷からそれぞれの家に帰って行った




「あの歌声は悪魔じゃなかったんだ・・・

違う国の人が歌ってたって事なのかな・・・」


シウミンは家に戻る間ずっとその事を考えていた


そしてその日の夜中

シウミンはもう一度塀の側まで行くことにした



満月が綺麗な夜だった

自分の部屋からこっそりと抜け出したシウミンは

雑木林を潜り抜ける

1年前には小さい子猫だったるるを抱いて

同じ場所に佇んでいた



「るる・・・付きあわせてごめんな・・・

ばあちゃんに見つかったときにお前が逃げ出したと

言い訳するのに利用させてもらう・・」

季節は初夏とはいえ

まだ夜は肌寒い・・・

猫をしっかり抱きしめて暖をとるシウミンに

猫は小さく鳴いて答えた



しばらくその場に座り込んでいたら微かに歌声が聞こえてきた

「ああ・・・あの時の声・・・」

歌は前回とは違っていたけど同じ声に違いない

シウミンはしばらく聞いていたが意を決して塀を叩いた


トン・ツー・ツー


シウミン達はスホの屋敷で

モールス信号の本を見つけてから

自分達で通信ごっこをするために夢中でマスターしていた


言葉は通じなくても信号だと意思が伝えられるのではないか・・

思い切ってシウミンは信号を送ってみたのだった



[歌][上手]

シウミンの信号に向こうから返信があった

[ありがとう]


返事があった・・・・

シウミンは嬉しくなって

しばらく塀を叩いて通信を試みる

向こうからも拙いけど返信があった


しばらくお互いにカタコトの通信が続く

そのうち

[次][満月][同じ][待つ]

そう通信が来たのでシウミンは

[満月][待つ]と返信した

気づくと月の位地がだいぶ下がってきている


大慌てでシウミンは自分の家に走って戻った


「次の満月の夜・・・もう一度あの人に会えるんだ」


シウミンは会った事も話したこともない

顔すら知らない相手に

恋しているかのように胸をときめかせていた



続く

運命 3

[運命] 3




「るうちゃーん・・・るうちゃーん・・・どこにいるの?」

パンダのぬいぐるみを抱いたタオが

ルハンの名前を呼んで探している



「ルハンは・・・多分いつもの所にいるよ」

クリスがコーヒーを飲みながらタオの頭を優しくなでた

タオは安心したように笑って

胸元のパンダのぬいぐるみをぎゅっと抱きしめた

「るぅちゃん・・・最近あの場所でよく歌ってるよね~」



レイが何かを感じたようにクリスの方を向いた・・・

「今日は見張りが来そう・・・ルハンに注意してくる」


「いや・・レイ・・・大丈夫だ・・ルハンは・・・

それよりお前が見つかるだろう・・・・ここに居ろ・・・」

クリスはそう言ってほほ笑むと読みかけの雑誌をめくる


クリス達が住んでいる所は

身寄りのない子供たちが住んでいる孤児院


それはあくまでも表向きの姿で

実際はスパイ養成所だった

独裁国家のこの国で

身寄りのない子供たちは恰好の「鉄砲玉」だった

生きていくために子供たちは

過酷な訓練を余儀なくされる

将来使い捨てにされるのにも関わらず・・・・



最年長のクリスが16歳

レイが14歳

ルハンが11歳

タオが6歳

たまたま同部屋になったこの4人は器用さもあり

実技は養成所の中でも優等生の部類に入っていた


しかしもともとの気質のためか

スパイ要員としての洗脳は上手くいってなかった


頭の良かったクリスと勘の鋭いルハン

本能的に大人の考えを察知できるレイ

3人の言う事だけ大人しく聞くタオ


他の子供たちとは少し違った考えを持っていたが

それをうまく隠して過ごしていた



クリス達の部屋の南側には今では荒廃した庭園跡があり

その向こう側には塀が連なっている

大人でも登れない高さでそびえたっていて

もちろん子供は訓練を受けてるクリス達でも無理だ

その為か塀の近くまで行ってもそれほど叱られる事はなく

ルハンはお気に入りの場所を見つけて

1人になりたい時にはその場所で歌を歌って過ごしていた




その日は満月が綺麗な夜だった

夜中に抜け出して月をながめていると

日々の訓練の苦しさや辛さを忘れる事ができそうだった

月の光を浴びてすべてが浄化されるような気持になる


気分よく歌を歌っていると突然塀の向こうから音がした


誰かがいて塀を叩いている

良く聞くと叩き方が信号のようだった

訓練の一つとして信号解読もあったので

ルハンにはすぐに理解できた


『歌』『上手』


塀の向こう側に誰かがいて自分の歌を聴いていたんだ・・・

そしてそれを上手だと褒めてくれている・・・

塀の南側にも国があると聞いていたけど・・・こんな近くにいるなんて・・


ルハンは驚いたけど警戒心よりも好奇心の方が勝って

『ありがとう』と叩き返した


その後も単語の羅列の信号が送られてきて

ルハンは楽しくなって返信を繰り返す



~♪

遠くから指笛が聞こえてきた

クリスから戻って来いという合図だった

気づくと真上にあった月も

もうだいぶ下がってきている




『次』『満月』『同じ』『待つ』

そう送ると相手から

『満月』『待つ』と返信がきた


ルハンは信号の内容のたどたどしさから

相手は自分と違って素人だろうと推測した

それでもどんな相手なのか想像するとワクワクする


この時からルハンは塀の向こうの人物と

満月の夜限定で通信を続ける事になった

お互いに空振りの時もあったけど

月に一度は信号という会話を交わすことができた



そして気づくと5年という歳月が過ぎていった



続く

運命 4

[運命] 4



最近世の中がきな臭くなってきた・・・


シウミン達の住んでいる地方でも

戦争が起きるのではないかと

大人たちが密かに話題にしている


高校生になったシウミン達も

もう子供ではない・・・

いろいろな事を感じ知っている



今日は久々の通信日だった

前回の満月の夜は都市部でテロがあった為に

田舎の町でも塀周辺の警備が強化されて

さすがにシウミンも塀の側に行くことを断念した



塀につくと微かに歌声がする

シウミンはその歌声に沿うように歌いだした

塀の向こうからトン・トン・ツーと信号が送られてきた


「ルハン・・・ごめん・・・」


「前回は抜けられなかったのか? 」





出会った当初は

モールス信号での会話を続けていたが

シウミンが信号を上手く使えず

その素人さに業を煮やしたルハンが

突然塀の向こう側から話しかけてきた


急に話しかけられたシウミンは驚いたが

同じ言語という事で塀越しの会話が続いている


国は違え同じ年頃の男の子同士

趣味や興味のある事には共通点があった

特にルハンとシウミンにはかなりの共通点があり

毎回いろんな話で盛り上がっていた・・・・


だからなんだかんだと5年間も

不思議な関係が続いていたのだ


そう他の誰にも内緒の2人だけの秘密の関係・・・・

秘密とはいえ

今では友情とも思える気持ちをお互いに持っている



後は顔だけが分かってない・・・・

ルハンは密かに塀の一部分を金属で削っていた

どうしてもシウミンの顔が見たくてたまらない・・・

仲が良くなればなるほどシウミンの顔を見たいのだ


石の上にも3年というように

小さな金属で同じ場所をひっかき続けた結果

小さなのぞき穴があと少しで空きそうになっている・・・

今日も会話をしながら手元では塀を削っているルハンだった



「もしかしたら・・・もう来れないかもしれない・・」

「え? 」


シウミンの発言にルハンは手元を動かすのをやめた


「そっちは分からないけど・・・

俺たちの国では戦争モードになってきている」


「・・・・」


「多分もうすぐ・・・軍事訓練に行かされると思う・・・」



ルハンは黙ったままシウミンの言葉を聞いていた

自分達の方がそんな事は良く知っている

スパイとしていろんな国に潜入させられる身の上だからだ

そして先輩達がどんどん宿舎からいなくなっていた

クリスとレイ、ルハンにタオはそれぞれ組織に従順する姿を見せながら

戦争が始まったらどうするかをいつも話合っていた


くそっ・・・

ルハンは止めていた手を動かし始めた


ガリガリ・・・ガンガン

塀を思いっきり尖った金属で叩いた

あと・・あと少しだ・・・ちくしょう・・・


「ルハン? 何してるの? 大丈夫なの? 見張りが来ちゃうよ」

塀の向こうからシウミンの不安そうな声がする


「大丈夫だ・・・こんなとこには来ない・・ちょっと待ってろ」


ガツッ・・・・


「あ・・穴? ルハン・・・穴開けてたの?」

シウミンの目の前に小さな小さな金属の先端が見えた


グリグリ・・・

ルハンは力任せにその先端を回して抜き去った


小さな小さな穴が2人の間の塀に現れた

「シウミン・・穴の前にいて・・俺どうしてもお前の顔が見たい」



満月で月明りがあるとはいえ夜中の時間帯だ

シウミンは手にしていた懐中電灯を上からあてて

穴を覗いた


目の前には綺麗な瞳が見えた

空の輝く満天の星のようにキラキラしている


「ルハン・・・ルハンの瞳って綺麗だね」

シウミンがのんきな事を言っていると


「一度塀から少し離れてよ・・・お互いに目玉しか見えないじゃん」


何年もの間

見たくて見たくてたまらなかったシウミンの姿を今見ている

ルハンは想像よりも実物が幼く可愛らしい事に驚いた

色白の肌に大きな一重の意志の強そうな・・つりあがった瞳

そして綺麗な鼻筋に男の子なのに赤く柔らかそうな唇・・・

ルハンは目に焼き付けるかのように

しっかりとシウミンの姿を凝視する・・・・


「見える? 今度は俺がルハンの事見るから・・少し離れて」


キラキラした瞳の持ち主のルハンは物凄くハンサムだった

栗色のサラサラした髪に笑うと目じりに皺のよった

薄い唇もとても魅力的だ


シウミンはあまりのカッコよさに言葉を失って見つめていた

ぼんやり見つめていたシウミンの瞳に

キラキラしたルハンの瞳のアップが映し出された


「俺たち・・・まだ16歳だぜ・・・人生はまだまだだ

戦争が終わって

平和な世の中になったら・・・俺と・・・会って欲しい」


「ルハン・・・」


「こんな塀越しじゃなくて・・・大人になったら

一緒にサッカーしたりお酒飲んだり・・たくさん話をしたい」


「うん・・・俺もルハンとたくさん話をしたい」


「だから・・・戦争が起きたとしても・・兵隊に徴収されたとしても

必ず生き残ってほしいんだ」


ルハンの突然の申し出にシウミンは驚いた


「うん・・・分かった・・ルハンと再会するまでは・・

俺・・・生き延びてみせる」


シウミンの笑顔にルハンは思わず涙を流す

生き延びなきゃいけないのは俺の方だ・・・


それからすぐに戦争がはじまり

シウミンは陸軍に召集され

ルハンは組織によってスパイとしての活動を余儀なくされた・・・




続く

運命 5

[運命] 5

戦争はだらだらと3年も続いた

シウミン達の国は連合軍に属していたので

勝利を収める側となったが

村は空襲にあい破壊的なダメージを受け

勝ったとはいえ何も残らない戦争だった



しかし終戦をむかえて

命の助かった人々は生きていくために動き始める



スホは病弱のために出兵は免れたが

村の空襲を体験し

村人たちが亡くなっていくのを

間近に感じていた


祖父の決断により

奇跡的に焼け残った屋敷を解放し

行き場のない人々の世話をしていた

友人たちの出兵で

自分も国のために何かをしなくては・・・

そう焦っていたスホは

村の再建の手伝いをすることで

自分でも役立ってる・・・そう思えるようになった



悲惨な戦争が終わってしばらくすると

出兵していた友人たちがぽろぽろと戻ってきた

戻ってきても家族や家を失っているので

スホを頼りにしばらく屋敷に滞在し

そこから独立していく・・・そんな感じだった


チャニョルとベッキョンは早々に村に戻り

しばらくスホの元に滞在してから

2人で都会に仕事を求めて去って行った

チェンはスホの奉仕活動の手伝いをして

村に残る事になった



シウミンが村に戻ってきたのは

戦争が終わってから2年後だった

戦争中に捕虜となり

寒い国での捕虜生活で怪我をして

その怪我が原因で右足を引きずる様になった


片足を引きずりながら

村に戻ってきたシウミンをむかえたのは

かつての仲間のスホやチェンだった


シウミンは

意志の強そうな瞳を持った少年と一緒だった



それから3年が過ぎ

色んな仕事をして資金をためたシウミンは

村にcaféをオープンした


シウミンと村に来た少年はディオと言って

捕虜生活で知り合った

身寄りがなかったので終戦後に行き場がなく

シウミンが声をかけて村に連れて来たのだ


彼は料理を作るのが得意でcaféの軽食担当となった


今日はそのcaféのオープン日

スホとチェンが手伝いに来てくれた

シウミンが店を構えた場所は

かつてルハンと通信を行っていた塀の近く


それはルハンが自分を訪ねてくる時に

少しでも分かりやすいように・・・そう願ったから


シウミンは『ルハン』という名前しか知らない相手と

「戦争が終わったら会おう」という約束だけを信じて

今まで生きてきた


そしてこれからもその約束を守るために

この場所を選んで店を出したのだ



オープンして間もなく

金髪の背の高い男がシウミンを訪ねてきた


続く
プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR