チョコレイト

いつも遊びにいらして下る方々ありがとうございます

2月ももう終わり
気づけば3月ですよ・・・
2月はインフルに罹ってしまったため
気づいたらバレンタインも終わってしまっていて・・・

でもバレンタインの話は書きたい・・・


今頃書きました

宗文には珍しくリーマンでのルーミンです
会社員ルーミンはほかの作家さんが結構書いていらして
読んでいて好きだったりします

宗文書かなくても・・・って思ったのですが
とりあえずお付き合いください


[チョコレイト]


ルハンは社会人1年目のバレンタインを迎えるにあたり
周囲に宣言をしていた

「義理チョコも本命チョコも貰わない!!!!!
無理やり渡されてもホワイトデーのお返しはしない」

同期のチャニョルと
「モテる男の双璧」と言われていたが
仕事の会話はするけれどそれ以外の話を
女性と全くしないルハンは謎めいた男として
逆に興味の対象となっていたのだ

宣言の理由は
入社時に一目ぼれした人がいて
その人以外眼中になく
ヘタにチョコを貰って
その人との関係がこじれると嫌だったからだ

関係と言っても「友達」までなんとかたどり着いただけで
本来のヘタレ体質から「告白」なんてできもせず
ひたすら愛する人の親友として横をキープしているだけ・・・


はぁ・・・・

会社を出ると空からパラパラと雪が降ってきている

あんなに周囲に宣言したにも関わらず
お返しは絶対にしない・・と言ったのにも関わらず
ルハンの元にはバレンタインのチョコが20個位来ていた

ロッカーにあった紙袋を取り出して
その中に適当に突っ込んで手に提げて
待ち合わせしているcafeに向かって歩いていた

「しうちゃん・・・何て思うかな・・・はぁ・・・・
俺はしうちゃんから貰いたいのに・・・無理だよな・・」

ルハンが片思いしている親友のシウミンと
今日はcafeで待ち合わせをしていた

しうちゃんはチョコ貰ったのかな・・・

それを考えると凹んできた
自分では告白もできないくせに
シウミンが本命チョコを貰う・・・
その様子を想像するだけでも胃が痛くなる

「ルハン!!!ここだよ~」

cafeの奥まった席でシウミンがこちらを向いて
笑顔で手を振っている

ああ・・・今日も可愛い・・・

ルハンとシウミンは部署が違うので
フロアーも異なり
社内ではなかなか会う事ができない

時間が合えばランチや会社帰りに会ったりしてるが
ほとんどがルハンからのマメな連絡の賜物だったりする

アイスアメリカーノを頼んでシウミンの向かい側に座った

「ルハン・・・チョコいっぱい貰ったね~」

「しうちゃんは? しうちゃん本命チョコ貰ったの?」

「俺? 義理チョコだけだよ・・・
ルハンだってその袋に沢山入ってるじゃん」

「もう・・無理やり押し付けてくるから・・・
チョコ捨てちゃおうかな」

「捨てる? 食べないの? 」

「うん・・こんなに食べたら肌荒れしそうだし・・・」

ルハンの泣きそうな顔に肌荒れという言葉を聞いて
シウミンはクスクスと笑った

「何がおかしいの~」

「ごめんごめん・・・チョコ要らないなら俺に頂戴」

「え?」

「あのさ~
これからちょっと行きたい場所あるんだよね
時間あったら付き合ってくれないかな」

「うん・・るう暇だからいいよ付きあうよ」

『付きあう』というフレーズが
ルハンの頭の中でぐるぐる回る

ルハンの欲している意味とは違うけど
ちょっと嬉しくてニヤニヤしてしまった

「じゃあ行くか・・・」

「えっ!!!!しうちゃん・・・その紙袋いっぱいのチョコ!!!!何それ」

シウミンが立ち上がる時に
足元に置いてあった袋を持ち上げた
大きな袋にチョコが沢山入っている
ルハンのチョコよりも数が多いかもしれない

「これ? チャニョルから貰ったの・・・」

「はぁ?」

ルハンが凄い顔をしてシウミンを見つめる

シウミンは笑いながら自分の言葉を訂正した

「チャニョルが貰った義理チョコを預かってるんだよ」


そういうとルハンの手を掴んで大通りまで出てTAXIを拾った



「この坂道を上がるとすぐだから」

シウミンに言われて夜道をチョコの袋を持ってルハンは歩く

質問したい事はあるのにシウミンははぐらかして答えてくれない
ルハンは不満で唇を尖らしながらシウミンの後ろを付いて行った

坂の上古ぼけた家が見えてきた
そしてその家の呼び鈴をシウミンが押した








「いつもありがとうね・・・子供たちも喜ぶわ」

年配のふっくらとした女性が
リビングで2人にお茶を出してくれた

「あっ・・この袋はチャニョルからです・・
今日用事あって代わりにもってきました」

「まあ・・こんなにたくさん」

「こっちの袋は・・ここにいるルハンからです」

「まあ・・ルハンさん・・・ありがとうね」

意味が分からずにキョトンとしたままのルハンは
女性にお礼を言われてとりあえず頭を下げた

「しうちゃん・・・」

「ああごめんな・・・説明しないまま連れてきちゃって」

ルハンはシウミンに説明を求めるように見つめる

「ここの養護施設は
俺とチャニョルがゼミの研修でお世話になったんだ
大学の時はクリスマスとか時々手伝いに来てたの」

「本当に助かってます」

「シスターにはこちらこそ・・・教わる事が多くて感謝してます」

「バレンタインの義理チョコを子供たちに・・・って事なんだね」

「そうそう・・・結構高級なチョコもあるから
子供たち喜ぶだろうなって・・・それで今日届けに来たんだ」

ルハンはシウミンの顔を見て蕩けるようにほほ笑んだ

しうちゃんのそんな所も大好きなんだ・・・


「卒業してから
ほとんどお手伝いに来れずにすみません」

シウミンが頭を下げると

シスターはニコニコしながら

「あなた達の後輩が来てくれるから大丈夫よ
お仕事がんばってね・・・」と答えてくれた

玄関まで出てくると

「お兄ちゃん~」と子供たちが数人家から出て来た

「今日は時間なくてごめんな・・またゆっくり遊んでやるから」

「絶対だよ」

子供たちにもみくちゃにされているシウミンの姿を
ルハンはうっとりと眺める

俺のしうちゃん・・・やっぱり素敵だな・・・



「今日は付き合ってくれて・・ありがとう・・」

「ううん・・・俺のチョコも役に立って・・何か嬉しい」

「腹減らないか? 良かったらウチでメシくってけよ」

「え?」

ルハンが驚いてシウミンの顔を見つめると
シウミンは恥ずかしそうに顔を背けて
慌てた様に手をあげてTAXIを拾った



しうちゃん・・・しうちゃんの家に行くの初めて・・・
親友だけど・・外で遊んでばかりで・・・
これって・・・・

TAXIの中でルハンが悶々といろいろ考え込んでいると

「降りるぞ」とシウミンに手を引っ張られた



「うわっ・・・きれい・・」

きちんと片付けられた部屋は
シウミンの性格を表しているようだった

ルハンも潔癖症にちかいくらい綺麗好きだったが
シウミンもそれに近いものがあるようだ

「大したものは作れないけど・・座ってて」

いつも自炊をしていると話を聞いていた

ルハンはソファに座ってテレビをつけてニュースを見る
時刻は9時過ぎになっていた

しばらくするといい匂いがキッチンからしてくる

「鍋?」

「うん・・・残り物の野菜を入れただけのチゲだけどね」

熱々の鍋を2人でたべる

ルハンはそれだけでも嬉しくて嬉しくてたまらない

美味しいと頬張るルハンを見つめて
シウミンも嬉しそうだ

「ごちそうさま」

「デザートもあるから待ってて」

「デザート?」

シウミンは手早く鍋と食器を片付けると

テーブルに小さな鍋を出した

「チーズフォンデュ?」

「ふふ・・チーズフォンデュの鍋を使って・・・」

「ああっチョコレートフォンデュ?」

「うん・・・今日はバレンタインだろう・・だから」

そういうとシウミンは
バーナーに火をつけて鍋の中のチョコを溶かす

一口に切った果物の乗った皿をルハンの前に置いた

金串にイチゴをさすと鍋の中のチョコにつける

「ルハン・・・あーんして」

あーん・・・ぱくり


「うん・・美味しいよ」


食べてからルハンは気が付いた

これってもしかして・・・しうちゃんからのバレンタイン?

「しうちゃん・・・」

シウミンが恥ずかしそうにルハンを見つめていた

「これって・・・本命って受け取っていいの?」

小さくうなづくシウミン

「じゃあ・・・俺も・・・」

ルハンはバナナを金串にさすとチョコをつける

「しうちゃん・・・あーん」

驚いて目を丸くしていたシウミンも
ルハンの意図が分かって小さく口をあけた

「しうちゃん美味しい?」

コクリ

「俺・・・ずっとしうちゃんが好き・・・
だから他の奴等からのチョコ貰いたくなくて
あんな宣言したんだ・・・」

ルハンの告白にシウミンは真っ赤になって下を向いたまま

「しうちゃんは・・・俺の事好き? 言葉で聞きたい」

シウミンは恐る恐る顔をあげてルハンを見つめる

「俺も・・・ルハンが好き・・・友達としてじゃなくて・・別の意味で」

シウミンから一番欲しかった言葉をもらえて
ルハンはもう顔が崩れ切って喜びを表していた

「しうちゃん・・・・」

「ルハン・・・」

初めてのkissはチョコレイトの味がした


***********************************************

「あれ? 今日シウミン休み?珍しいね」

「うん・・部長に電話あって体調不良らしいよ」

昼休みに食事に誘いに来たベッキョンがチェンに尋ねる

「体調不良? 風邪かなにかかな?」

「部長が声がガラガラだった・・・って心配してた」

「え~シウミンも休みなの~?」

レイが2人の会話に入ってきた

「も? も・・って」
ベッキョンが不思議そうにレイに聞く


「めずらしくルハンも体調不良だって~」

「ふーん・・・風邪ひくのも一緒なんて・・本当に仲いいんだね~」
チェンがニコニコしながら言う


スマホでメールを読んでいたチャニョルは
3人の会話を聞いて言葉に詰まる
メールの相手は養護施設のシスター
昨日のバレンタインチョコのお礼だった

メールによると・・

シウミンはルハンと一緒に行った
そのルハンはシウミンに熱烈アプローチしていた・・・
そして昨日はバレンタインだ・・・


まさかな・・・
チャニョルは自分の頭の中に浮かんだ考えを否定するように
頭を左右に振った

「何やってんだよ!!!ぼーっと突っ立ってんじゃねぇよ~」
ベッキョンが後ろからチャニョルの頭を叩いた

「飯行くぞ~」

「まって~置いてかないでよ~」

小さい体で偉そうに前を歩くベッキョンの後ろを
大きなチャニョルが必死で追いかけていく

その姿が面白いと
レイとチェンが笑いながら付いて行った




おしまい











スポンサーサイト

ソウル スカイ

もう8月も終わりますね
今年の夏はすごく忙しかった宗文です

と更新できない言い訳してます・・・すみません・・・

共に生きる がまだ途中ですがshortあげます
会社員ルーミンのバレンタインのその後です

2月に付きあい始めての8月という設定です


[ソウル スカイ]



「やーシウミン!!!!」

昼休み終了直前に後ろから声をかけられた

振り返って見上げるとチャニョルが手を振っている

「ランチにいなかったけど・・今外回りから戻った?」

「うん・・・得意先から今戻った・・・腹減った~」

そういうとチャニョルはニコニコしてシウミンの顔を覗きこむ


「そうそうこれ・・・今貰って来たんだけど・・俺都合悪くて・・
シウミン行って来れば?」

チャニョルはシウミンの手に2枚のチケットを握らせた

「なんだこれ・・・」

「ソウルスカイの展望予約券」

ソウルで1番高い建物として4月に完成したタワーが
ソウルスカイという名前だったっけ・・・とシウミンは小首をかしげる

「これさ・・・今日のなんだよ・・それも時間指定でさ・・・
もったいないから誰か行かないか・・・って取引先から貰って来たの」

「お前行けば?」

「俺・・・今日この時間にベクとライブ行くんだ・・・」

そういえば入場時間が予約の順番で決まるって話だったな・・・
入場料ってたしか・・・27000w・・・2枚で54000wか・・・食事に回せるな・・

シウミンはルハンと夕食の約束をしていた事を思い出して
夕食の前にちょっと展望台で夜景を見てから食事でもしよう・・
軽い気持ちでチャニョルから入場券をもらったのだった





「めずらしいなぁ~ワールドタワーで待ち合わせって・・」

ルハンはそう言うと新しくできた高層ビルを下から見上げる

Good_2699_sum640_1491269057.jpg

「げぇ~俺・・・高いところ大嫌い・・・しうちゃんと遊園地デートしてないから
ばれてないけど・・・できればみっともない姿見られたくないな」

ルハンがぶつぶつ呟いてると
後ろから肩をトントンと叩かれた

振り向くとシウミンが笑顔で立っている
思わずルハンの頬が緩む・・・

「ルハンお待たせ・・・何ぶつぶつ言ってるの?」

「えへへ・・・なんでもない」

シウミンは時計を見て時間がないな・・と呟くと
ルハンの手をとってずんずんと歩いていく

ショッピングモールの中を歩いていくので
ルハンはてっきり買い物予定なのかと油断していたら

「はい・・行くよ」

展望台ロビーと書かれた入口を入っていく

へっ?

ルハンが質問する隙も与えずに
シウミンはルハンの手を握って歩いていく

中に入ると搭乗前のような
厳重な持ち物チェックがあった

タバコを吸う人たちはライターを取り上げられ
飲みかけのペットボトルも取り上げられる

ルハン達は取り上げられるものもなかったので
すぐに通過できた

「しうちゃん・・・」

「チャニョルにチケもらったんだ・・今日のこの時間のチケ」

「しうちゃん・・・」

「ルハン知ってた? このタワー120階の展望台に行くのに
エレベーターでたった1分なんだってさ」

ルハンはシウミンに弱い姿は見せられないと
必死に笑顔を作っている
でも心臓は恐怖でバクバク冷や汗が背中を流れている

高速エレベーターに乗ると
外が見えなくて安堵のため息をついた
壁がスクリーンになっていて
展望台までの1分間で
ソウルの街並みなどがうつされている
空からの映像だったりして
それはそれで別の意味でルハンの不安を煽った


エレベーターの扉が開いた


うわっ・・・・

目の前の窓から丁度日没が見えたのだ

ここが120階という事を忘れてルハンはシウミンの腕をひっぱる

「しうちゃん・・・見てみて・・綺麗だよ」

日没

「あれって南山タワーだよね」

キラキラした瞳でルハンが
南山タワーの後ろに沈む夕日を見守る

その横顔をシウミンは見つめながら、来て良かった・・とホッとする

気乗りしてないように感じたのは気のせいだったかな・・・


日が沈んでもまだ周囲は明るい

「せっかくだからぐるりと回ってみよう」

日没のこの時間
周囲はカップルであふれている

そんな中シウミンは少しも隠すことなく
ルハンの手を握ってきた

ぎゅっ・・・

日没の時ははしゃいでいたルハンだが
ここは120階だと思い出したようで
シウミンの手を強く握り返してくる


「少し窓の方に行ってみようよ」

足元を見ると白い床になっている所があった
シウミンが窓の方に引っ張っていく・・・

するとルハンの足元が突然透明になって
真下の景色が目に入ってきた

「おっ・・・ここって曇りガラスが透明になる仕掛けなんだ・・
突然にびっくりするなぁ・・・・」

シウミンは面白そうに床下を覗いている
地上から555mの高さ・・・・下を走る車は蟻の様に小さく見える

足元


「しうちゃん・・・もうだめ・・・」

ルハンが腰が抜けた様にへなへなと座り込んだ
瞳は涙であふれそうになっている

「まじ?」

ルハンと付きあい始めてまだ日が浅い
まさか高所恐怖症だったとは・・・

シウミンはルハンの腰をガシッと掴むと
窓から離れ、建物の中心部まで連れて行った

まだ指がぶるぶると震えているルハンの指を
やさしく自分の手で包み込む

「悪かった・・・ちょっと休憩しよう」

そういってcafeの席にルハンを座らせる



アイスアメリカーノを手にしてルハンは小さく呟いた

「ごめんね・・・俺・・・高いところダメなんだ」

「この間南山タワー行ったよな・・・
だから俺大丈夫かと思って・・あっ・・」

シウミンは何かを思い出したようにルハンを見つめた

「南山タワーそのものはそれほど高くない・・・
ソウル市内が眺められるのは山の上にあるからだ・・・
そうだ・・・ケーブルカーに乗らなかった・・・
どうしても車で行きたいって・・・お前言ってたのは・・それか・・」

コクン

ルハンは小さくうなずく

「じゃあ遊園地なんてもってのほかだな」

コクン

「しうちゃん・・・こんな俺・・・嫌いになった?」

ルハンがシウミンの様子を伺うようにそっと顔をあげる

くすっ

「バカだな」

シウミンの笑顔を見てルハンも小さく笑った

「遠くを見るのなら大丈夫だろう? 観覧車と違って揺れないしさ」

「うん」

「もう少し夜景を堪能して夕飯たべに行こう」

「うん」





この後

床下が最初から透明の部分で
シウミンが負けず嫌いのルハンの性格を逆手にとって
なんとか窓の所まで歩かせる事に成功した

シウミンに手を引かれて
絶対に足元を見ず
遠くを見つめながら窓まで到着
そしてまたシウミンの顔だけを見つめて
透明な床の場所から離れる事ができた

「やればできるじゃん」

シウミンに褒められて
自分でも十分頑張った達成感もあって
ルハンは大満足だった


「頑張るルハン・・俺は好きだよ」

「しうちゃん・・・ずっと俺のそばにいてね」


帰りのエレベーターもわずか1分で地上に着いたけど
その1分間も混雑しているどさくさにまぎれて
ルハンはしっかりシウミンに抱きついていた


「楽しかったか?」

「うん・・・
日没見れて綺麗だった」

「また見に来るか?」

「今度はしうちゃんと日の出がみたい」

「ダメだ・・・ルハン・・・それは無理だ」

「え?」
(なんで・・・なんで・・・2人で日の出見れないの?)

「ソウルスカイの営業開始時間は朝の9時半からだ・・」



おしまい




この夏休みにソウルに遊びに行って
ソウルスカイに行ってきました
ルーミンがデートしたらどうかな・・・って妄想しながら見てました

床下の透明な場所は迫力ありましたね~私は平気でしたが
屈強な男性(欧米人)がビビッて腰抜かしてたの見て
ルハンも腰抜かすだろうな・・・って


時間を予約して入場券を買います
1度行ってみると楽しいかと思います・・・・・・
スカイツリーはまだ上ってない宗文でした



プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR