愛の逃避行  バレンタイン狂想曲番外編

いつも遊びにいらして下さる方々
ありがとうございます

なんか忙しいんです・・・仕事・・・
知らない間にシウミン君は女の子と2ショット
ルハンは時代劇の姿になってるし・・・・

自分でも何が何だか分からない状態ですが
以前の続きの話をあげます・・・
バレンタインの続きの話です






[愛の逃避行]  バレンタイン狂想曲番外編


まだ日が昇る前の暗闇の金浦空港に
ルハンとシウミンはやって来ていた

二月も半ば・・まだまだ寒い時期である
去年の今頃は韓江が凍ったとかニュースになっていた

そんな寒い中大きなスーツケースをひとつ転がしながら
色違いのリュックとスニーカーで
バリバリのペアルックを決め込んで
2人は空港のロビーを歩いている

平日の早朝のためか
空港の人影もまばらで余計に寒さを感じる

「結局学校サボっちゃった・・・」

シウミンが後ろめたい気分でそう呟くと

「俺たちいない方がいいんだよ!!!!
大混乱を未然に防ぐ!!!!
これ大事な事よ!!!
危機管理能力を問われるよ」

ルハンが当たり前の口調で言う

「何が危機管理能力だよ」と
シウミンは苦笑いをする

JALカウンターで出国手続きをして
飛行機に乗り込むと
2人はさっそくガイドブックを取り出して
あーだこーだと相談を始めた

ルハンの実家は
中国で富裕層に位置している超金持ちだった
ルハン自身も財産分与された資産があり
本当はファーストクラスに乗りたかったのだが
シウミンが嫌がるので
妥協してのビジネスクラスでの旅行となった

2人が向かう先は羽田空港

そこから夢の国で一日過ごしてそこのホテルに泊まり
翌日は渋谷や原宿をぶらぶらして大阪に移動し
大阪で美味しいものをたくさんたべて一泊し
関空から金浦に向かうという二泊三日の旅行だった

「そう言えばさ・・・
理事長判断で俺たち『公欠』扱いってホント?」

シウミンが不思議そうにルハンに聞くと

「大丈夫・・・それはばっちり・・俺、理事長のオキニだし」

ルハンの言っている事が理解できずに
シウミンは小首をかしげる

「あのさ~俺のおじさんで
映画製作会社にいる人知ってるよね」

「ああ夏休みに遊びに行った時に、
妙に俺の頭なでてた人?」

「うん・・アレね・・俺すごくムカついた!!!!
後で奥さんに浮気ネタばらしてやったけど
まあそのおじさんがハンギョンと飲み友達でさ」

「ハンギョンって映画俳優の?」

「うん・・俺たちの先輩だって・・
俺がこっちに留学決まった時に
たまたま話することがあって・・
あの人も留学してたんだって・・」

「で・・そのハンギョンと
俺たちの『公欠』がどう関わってくるの?」

不思議そうにルハンを見つめるシウミンに
ルハンは思わず抱きついて
耳元に「しうちゃん可愛い」とキスをした

「ば・・バカッ!!!話をそらすなっ!!!!」

「ごめん・・しうちゃん・・・その顔可愛すぎ!!!!
で・・これからが話の本番・・・
何とハンギョンとうちの理事長が知り合い」

「理事長もOBだよね?
留学した時に友達になったって事?」

「ただの友達じゃないんだよね・・・
俺たちと同じ恋人・・・・
今も遠距離恋愛真っ只中なんだ」

ルハンの顔を見つめたまま
シウミンは大きく見開いた目を数回パチパチとした

「ルハンはヒチョル理事長の弱みを握ってて・・・
それで今回『公欠』なの?」

「まあ・・・そう言う事になるかな・・・
ってあの人には弱みにはならないけど」

ふーん

シウミンはルハンの意外な交友関係を知って
不思議そうな顔をしたまま
またガイドブックに視線を移した

その表情がまた可愛いと
ルハンはシウミンの頬や首を触りまくる

おでこをくっつけながら一冊のガイドブックに見入る位
2人は自分達の世界に入って行った
CAが呆れて寄り付かなくなっていても
2人は気づかないし、2人の世界は終わらない

早朝から飛行機に乗ったのは
朝イチで夢の国に入場するためだった

ルハンは絶叫系の乗り物は乗れない・・
なので2人はパレードを見たり
園内をぶらぶらして楽しんでいた

シウミンはルハンの買った
「ねずみの耳の付いたカチューシャ」をして
どう見ても男の子には見えない位可愛かった

ルハンは携帯でシウミンの写真を撮りまくって
いつも以上にべたべたいちゃいちゃしまくっていた

シウミンが女の子に見えたにしても
美形なカップルがひとめを憚らずにいちゃついてる様子は
雑誌か何かの撮影だと思われる位
人々に遠巻きに見られていたのだが・・

自分達の世界に入っている2人は気づかない

この日の夜は園内に設置されているホテルに泊った

凄く人気があり予約するのが大変で
日本のホテルでありながら
ルハンはチャイニーズのコネをフル活用しての予約

本当はスイートに泊りたかったのだが
シウミンが良い顔しないのが分かっているので
普通のツインにしたのだった
(ダブルベットにしたかったけど
男の子2人旅におかしいだろうと却下された)

今回の旅行は学校での混乱を避けるため・・と言っているが
実はルハンにとってシウミンとの
誰にも邪魔されない夜を過ごすための旅行だったのだ

恋人同士になったのはいいけど
ルハンは留学生用の宿舎でレイと一緒
シウミンは自宅から通学していて
中々2人っきりで夜を過ごすことが出来なかったのだ


「うわっ可愛い!!!!」

ホテルの部屋に入ると
シウミンは夢の国をそのまま彷彿させる部屋を見回して
ほうっ・・・と息をひとつ吐いた

シウミンは生真面目な所があり
浮かれてもどこか冷めた部分を持っていた
それが今日はずっと浮かれ続けて
今もぼんやりした瞳で部屋の中を見回している

夢の国の主役のねずみが持っている
熊のぬいぐるみをイメージした装飾品の
一つ一つを手にして
シウミンの瞳はキラキラとしている

ああああもう駄目だ・・・我慢できないっ!!!!

いつものキャパを外れたシウミンが
ここまで可愛くなれるとは想定外だったルハンは
我慢の限界を飛び越えてしまい
あっと言う間にベットにシウミンを押し倒す

「しうちゃん!!!!もう限界・・俺・・もうだめ・・
しうちゃんが欲しくて死にそう」


いつもとは違い熱に浮かれたように
瞳をウルウルさせたシウミンは
ルハンの首に両手をまわして耳元で何かを囁いた

「しうちゃーん!!!!!!!」

ルハンの絶叫とともに
2人の甘い甘い
ハニーチップの何百倍も甘い夜が始まった


~ソウルSM学園~

「ルハンとシウミンが不在だと
チョコが別のルートに流れるのかな?」

玄関でチョコレート用の箱を作っていた教育実習生が
その横で玄関を整頓している事務室のウニョクに声をかける

「うーんどうなんだろう・・・この学校の伝統は
靴箱に入れるより直接の手渡しの方が多いからなぁ
ドンヘ・・お前・・自分の時どうだった?」

ドンヘと呼ばれた実習生が手をとめて昔を思い出そうとしていた

「なんか・・・忘れた・・・」

ぷっ

「お前っていっつもそうだよなぁ・・・チョコだってさぁ
自分の食べたいのがあったら他人のものでも勝手に食べてて
自分宛てのチョコなんて周囲にあげちゃってたもんな」

「そうだっけ? ヒョクはそんなに貰えなかったよね」

「余計な事は覚えてなくていいのっ!!!!」

ドンヘは箱を三つ作って
ルハン、シウミンと名前を付け
残ったひとつに「ドンヘ教育実習生」と貼り付けた

「は? お前自分の箱も作ったのかよ」

「なんか懐かしくなっちゃって~」
ウニョクの呆れた顔を前にしても

ドンヘは明るい笑顔で躊躇することがない


結局

ダンスの短期留学中のテミンも
それ程チョコの数を伸ばすこともなく

愛の逃避行中のルハンとシウミンの箱も空っぽのまま

一番人気は季節外れの実習生であるドンヘだったのだ

ベッキョンとチャニョルが悔しがったのは言うまでも無い


おしまい
スポンサーサイト

シウミン君!!!お誕生日おめでとう♪

無題

今日はシウミン君のお誕生日です

2016年3月26日で 27歳になりました(韓国年齢)

今日はシウミン君たちは上海
ルハンは北京でライブです

るーみんの2人は別々の所にいますが
同じ中国大陸・・・って事で良しとしますか・・・・
もうすこし近かったらな・・・ちょっと距離あるよな・・・密会できないよな・・

でもルウは多分シウミンに電話するはずです
自分の初ソロライブなのに・・・しうちゃん優先にするはずです


87年生まれのリョウク(SJ)の入隊が決まりました
90年生まれのシウミン君も3年後には入隊です
それまで元気でカッコいい姿を見せてほしいですね


ここのサイトも本当にご無沙汰になってしまいました
おかげさまで宗文の片道2時間通勤は今月で終了
来月からの移動先は通勤30分・・・ああ嬉しい


通勤時に妄想timeだったはずなんですが
頭の中にある話を纏めている時間なくて・・・
書きかけの話がいくつかあって・・・
来月から楽になったぶん
なんとか続きを書こうかと思っています


いつも遊びにいらして下さる方
本当にありがとうございます
るーみんしか書けない宗文ですが
また遊びにいらしてください

12.png


シウミン君大好きです

ソウルのアンコンの時に実はソウル旅行していたんです
でも同行者はK-POPに全く興味のない人たちだったので
私は会場前まで行っただけで満足でした

今日の夜は仲良くしてくださっているルミラーの皆さまと
シウミン君の誕生会に参加します

誕生日の話は誕生日過ぎてのアップとなります・・・
それでも良ければ読みに来てくださいね

永遠に

[永遠に]

シウミンside


ここは・・・どこだろう・・・

シウミンは時代劇に出てくるような大きな門の前に立っていた

通り過ぎる人々の腰位の高さしかない自分は

幼い子供のような小ささだと思った

なぜそう思ったのが不思議だったがそれよりも

自分はずっと誰かを待って門の前に立っている自覚も持っている

通り過ぎていく大人は時代劇に出てくるような服装で

その場に佇んでいる自分の事も見向きもしない

誰にも気づかれる事なくずっと佇んでいる・・・・・・


その様子を第三者の様に見つめている自分もいる

待っている誰かが来てくれない寂しさと不安から自然と涙があふれてきた

そして日が暮れて1日が終わっていく

もうずっと何日も何か月も何年もそこに佇んでいる気がしてきた

そのうち疲れたシウミンはしゃがみこんで涙をぬぐいながら

いつまでも来ない待ち人を待ち続けている・・・・・・・








「ヒョン!!!ヒョン!!!!起きてますか? 疲れているんですか?」

残業中のオフィスで

自分の机で意識を飛ばしていたシウミンに

後輩のチェンが声を掛けてきた

「あ・・・悪い・・ちょっと寝てた・・・」

シウミンはたった今

見ていた夢を頭から追い払うように

頭を左右に振って頬を両手で軽く叩く

「あと少しだ・・・終わらせて帰ろう・・・」



またあの夢を見た・・・

シウミンは子供の頃から同じ夢を何度も見ていた

時代劇で見るような景色で

大きな門の前で誰かを待っている幼い自分

悲しくて寂しくて夢から覚めても

心の中が寂しくてポッカリと穴が開いたように感じている・・・・








ルハンside


ルハンは夢の中でいつも走っている

誰かを探して必死になって走り続けている

そして見つけられなかった消失感で立っていられなく

その場に座り込む

見つけられなかったと失望しながら1日が過ぎていく・・・・


そんな夢を何度も繰り返してみていた

夢から目覚めた後は

虚しさと寂しさでやるせない・・・・



「ルハン・・・出張に持っていく資料はできた?」

レイに言われてハッとしてルハンはあわててファイルを取り出した

「なにぼんやりしてるの?明日の打合せは大事なんだよ」

「お前に言われたくないね・・・ちょっと考え事してただけだ」







「初めましてSM商事のレイです」「ルハンです」

「初めましてプラネット企画のシウミンです」「チェンです」

ルハンは初めて会う取引先の相手を見て驚愕する

相手も自分の顔を見て驚いて息を飲む





会社の近くのカフェで

ルハンは取引先のシウミンと名乗った人物を待っている

打合せが終了した時に

ルハンは他の2人に気づかれないようにメモを渡された

時間と場所だけの書かれたメモ


初めて会った相手なのに懐かしかった

説明のできない程の衝撃を感じて魂が震えた

「遅れてすみません・・・」

ルハンの後ろからシウミンの声がする

その声を聞いただけで涙があふれそうになる

振り向くとシウミンの瞳からも涙があふれそうになっている

ルハンは黙ったままシウミンの袖をとるとcafeの外に出た




初めて会ったのに分かった・・・

俺が夢の中で待っていたのはルハンだったと・・・




顔を見て魂が震えた・・・

ずっと探していたのはシウミンだったと気が付いた・・・・





愛し合った魂は

記憶をリセットされた後でも

その愛の記憶は魂に刻み込まれている・・・・


ルハンとシウミンが見続けていた夢は前世の記憶

前世で愛し合った魂は今世で出会ってお互いの存在を感じ合う



愛している・・・愛している・・・・

生まれ変わっても愛するのはあなただけ・・・

何度生まれ変わっても見つけ出してみせるから・・・・


永遠に途絶える事のない愛の輪廻の中で

ルハンとシウミンは出会って愛し合う・・・・








~♪

「しうちゃーん!!!!お誕生日おめでとう」

「ルハン・・・お前今日ライブだろう? 起きてていいのかよ」

「一番最初におめでとうって言いたかったの!!!しうちゃんだって上海でライブでしょう?」

「俺たちよりもお前の初めてのソロライブの方が大事だろう!!!」

「うん・・・しうちゃんのために今日にしたんだ」

「ごめんな・・・仕事入って行けないし」

「うん・・・分かってたよ・・・」

「お前・・・俺の分のチケ・・ご両親に渡したんだろう?」

「うん・・・俺・・・親の分手配するの忘れてたから・・・」

「側にいてられないけど・・・頑張れよ」

「うん・・・しうちゃんの為に歌う曲があるんだ・・・・」

「・・・・・・・・」

「しうちゃん・・・俺と出会ってくれてありがとう」

「ルハン・・・」

「しうちゃん・・・・愛している・・・離れていても・・・」

「ルハン・・・俺も愛しているよ」

「しうちゃん・・・・ごめんね・・・」

「ばか・・・泣くな・・・ソロライブ頑張れよ」





2016年3月26日

シウミン君の27歳の誕生日
北京でルハンの初めてのソロライブがありました
シウミン君は自分の誕生日を
仕事のために訪れていた上海でメンバーに祝ってもらいました











プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR