運命 2

[運命]  2



シウミンの友人のスホは旧家の末息子だった

そこの家は村長や学校長などの代々固い役職についていて

スホの父は都会で判事をし、年の離れた兄たちも都会で生活している

幼いときに母親を亡くしたスホは体が弱った事もあり

引退した祖父母と村の屋敷に住んでいた


病弱という事もあり祖父母の溺愛を受けて育ち

シウミン達が毎日のように屋敷に押しかけても

嫌な顔されず、おやつまで出してもらえるので

いつの間にかたまり場となっていたのだ


もっとも常連のシウミンやベッキョン、チャニョル、チェン等は

品行方正・・とまではいかなくても悪い子達ではなかったので

それらが許されていた



ある日屋敷の屋根裏部屋に探検に行ったメンバーが

古い地図と書物を見つけ出した


「この地図って・・・俺たちが習ってるのと違くねぇ?」


ベッキョンがほこりまみれの地図を広げて皆に見せる


見た事あるけど何かが違う・・・それって・・・

皆が首をかしげながら考えているとシウミンがボソッと呟いた


「塀が・・・ない・・・ここから向こうは塀があるはず・・・」


学校で習っている地図は塀からこちら側だけのものだった

でもこの地図は知っている地形の倍はある



「やっぱり悪魔が住んでるって話は嘘なんだ・・・

国境みたいに塀があるって事なのかな」

優等生のスホが地図を見ながら説明を始めた


チャニョルが鉛筆で自分達の知っている地区をなぞり始めると

1つの村が塀で二等分されたようになった

南側は自分達が住んでいる良く知った地区

線の北側は塀の向こう側になる


そんな事が分かってから

好奇心旺盛な年齢の子供たちは

黙っていられなくなった

探検隊を結成して塀の近くまで行くことにする


スホの屋敷からそのまま北上すると

塀があるはずだった

シウミンは

誰にも話していない1年前の事を思い出し

またあの歌声が聴けるかと

ドキドキしながら仲間に付いて行った



しかし

屋敷と塀の丁度間に見張り小屋があり

塀に近づこうとしている子供たちは

簡単に見つかってしまい

かなり怒られる事となった

スホの祖父が慌てて子供たちを引き取りに来て

かなりお灸をすえられたが

なぜ塀の側まで行こうと思ったのかと理由を問いただすと

古い地図の存在を知り祖父は頭を抱え込んだ


「君たちには嘘を教えるわけには行かないな・・・

この事はここだけの内緒の話だよ」と

子供たちにこっそりと真実のほんの一握りを教えてくれた



大昔・・・

古い地図の通り

村は今の倍の広さがあった


ある時戦争が起こり

村は2等分されてしまった

大きな塀はその時に作られたもので

塀の向こう側には

昔は同じ村人が住んでいたが

今では違う国が統治しているために

消息を知る事が出来ない・・・との事だった


塀の向こう側を統治しているのは独裁国家

塀は村だけではなく東西に何百キロも続いている

子供たちは再度近づいてはいけないと

釘をさされてスホの屋敷からそれぞれの家に帰って行った




「あの歌声は悪魔じゃなかったんだ・・・

違う国の人が歌ってたって事なのかな・・・」


シウミンは家に戻る間ずっとその事を考えていた


そしてその日の夜中

シウミンはもう一度塀の側まで行くことにした



満月が綺麗な夜だった

自分の部屋からこっそりと抜け出したシウミンは

雑木林を潜り抜ける

1年前には小さい子猫だったるるを抱いて

同じ場所に佇んでいた



「るる・・・付きあわせてごめんな・・・

ばあちゃんに見つかったときにお前が逃げ出したと

言い訳するのに利用させてもらう・・」

季節は初夏とはいえ

まだ夜は肌寒い・・・

猫をしっかり抱きしめて暖をとるシウミンに

猫は小さく鳴いて答えた



しばらくその場に座り込んでいたら微かに歌声が聞こえてきた

「ああ・・・あの時の声・・・」

歌は前回とは違っていたけど同じ声に違いない

シウミンはしばらく聞いていたが意を決して塀を叩いた


トン・ツー・ツー


シウミン達はスホの屋敷で

モールス信号の本を見つけてから

自分達で通信ごっこをするために夢中でマスターしていた


言葉は通じなくても信号だと意思が伝えられるのではないか・・

思い切ってシウミンは信号を送ってみたのだった



[歌][上手]

シウミンの信号に向こうから返信があった

[ありがとう]


返事があった・・・・

シウミンは嬉しくなって

しばらく塀を叩いて通信を試みる

向こうからも拙いけど返信があった


しばらくお互いにカタコトの通信が続く

そのうち

[次][満月][同じ][待つ]

そう通信が来たのでシウミンは

[満月][待つ]と返信した

気づくと月の位地がだいぶ下がってきている


大慌てでシウミンは自分の家に走って戻った


「次の満月の夜・・・もう一度あの人に会えるんだ」


シウミンは会った事も話したこともない

顔すら知らない相手に

恋しているかのように胸をときめかせていた



続く
スポンサーサイト

七夕狂想曲

お久しぶりです

「運命」がまだ途中ですが

今日は七夕という事で七夕の話をあげます

以前「バレンタイン狂想曲」というタイトルで

SM学園を舞台とした学園ものを書きました

この時は高校生パロでしたが

今回はショタEXO・・・園児パロでの七夕話です

おばかverです・・・SJ兄さん達も出演します





[七夕狂想曲]


SM幼稚園の前に花屋の軽トラックが停まった


「待ってたよ~今年は注文し忘れて焦ったけど

さすがにスジュ花屋さん!!!うちの分確保してくれて助かった」


園の中からバタバタと現れた園長のイトゥクが

リョウクを引き連れてペコペコとお辞儀しながらやってくる


「いえ・・・毎年注文あるのに今年は無いから・・・

不思議に思ったんですが

ただの注文忘れだったんですね~」

花屋のキュヒョンが笹の束を渡しながら営業スマイルを放つ






「うくちゃん・・・これ・・」

「イエソンさん・・・紫陽花って・・・花言葉しらないんですか?」

リョウクは花屋の配達に便乗して

幼稚園にやってきたイェソンに

嫌そうな顔をして冷たく言い放つ


「紫陽花の花言葉って『浮気』や『移り気』ですよ」



少し離れたところで話をしていた

イトゥク園長と花屋のキュヒョンは

青紫色のとても綺麗な紫陽花を手にしたイェソンと

それを冷たい視線で見つめる

リョウク保育士のやりとりを息を飲みながら見つめていた


「それにしてもイェソンさん・・・何度も玉砕しても凝りないね~」

「その何度でも這い上がるバイタリティ素晴らしいと僕も思います」




「この紫陽花は青紫色なんだよ・・・だから花言葉が違うんだ」

「うつり気じゃないんですか?」

「青紫色の紫陽花は『あなたは美しいが冷淡だ』という花言葉なんだ

うくちゃんにピッタリでしょう?」


イェソンの言葉を聞いてリョウクは

驚きに目を見開いて紫陽花を受け取る


そのやり取りを見つめていたイトゥクとキュヒョンも

口を開けたまま言葉が出ないでいた・・・・・・・




そのころ幼稚園の講堂では七夕集会が開かれていた

しかし笹がまだ届いてなかったので

先生たちの時間引き延ばしで「七夕」の紙芝居を見たり

短冊に願い事を書いたりしていた


「りじちょー先生!!!!!おりしめ様と ちこぽち様は会えないの?」

チャニョルが紙芝居をしてくれたヒチョル理事長に聞いてくる

その大きな瞳には涙があふれてこぼれそうだ

「ニョル!!!おまえバカ?

今りちじょーが年に一回会えるって言ったじゃん」

ベッキョンがチャニョルの頭を叩きながら言った

ぽろ・・・

涙がぽろりとこぼれる


「あーっ!!!!チャニョルが泣いた~」

短冊を手にしていたチェンが大きな声で叫ぶ




「てんてい~ににたんが寝てます」

「はぁ? 紙芝居前に起こしたのに・・・なんて早業だ」

ウニョク保育士は、ぐっすり眠っているカイを肩に担ぐと

少し早いお昼寝タイムだと隣の部屋に連れて行く


「ににの代わりに

短冊に願い事書かなくちゃ」

セフンがあたふたとクレヨンを手にしていると

「もう書いたよ」とディオがセフンに短冊を渡した


「僕もおひるねしようっと」

ディオは小さくあくびするとトコトコと隣の教室に行った


『チキンをたくさん食べれますように』

『チキンをじょうずにつくれますように』

セフンはその二枚の短冊を見て

「チキン?・・・とうだっ・・・」

「てふんは可愛いひよこさんが欲しい」と短冊に書き入れる






「ねぇ~ねぇ~しうちゃんは何かくの?」

「願い事か・・・サッカー選手になりたい・・・とか?」

講堂のすみっこに座り込んだルハンとシウミンは

短冊に何を書くのか2人で頭を悩ませている


「るぅはぁ・・・サッカー選手でもいいんだけど~

しうちゃんとおり姫とひこ星みたいになりたい」

ルハンの発言にシウミンは首をかしげて

「はあ? おり姫とひこ星って・・・・年に一回しか会えないよ」

シウミンの指摘にルハンは黙って口を尖らしてシウミンを睨む

(しうちゃんのバカ・・・こいびとになりたいって意味なのに・・)


ルハンは自分の気持ちを分かってくれないシウミンに

気持ちがあふれだして思わず涙がこぼれ出てしまった


「るう・・・なんで泣いてるの?」

「しうちゃんのバカ・・・こいびとになりたいの」

「こいびと?」

まだ幼稚園児のシウミンには「恋人」という概念が分からない

もちろんルハンもちゃんとした意味は分からないまま

本能でその意味を理解しているだけだったのだが・・・


シウミンはしばらく考えて

「いいよ・・・こいびとになってあげる」

シウミンの言葉にルハンは泣き止んでニッコリほほ笑んだ

天使と呼ばれている極上のほほ笑みを

惜しげもなくシウミンに見せて


「こいびと・・・しうちゃんは・・るうのこいびと・・」

と何かの呪文のように唱えるとシウミンの手を握りしめる




「るう? 願い事書いた? 」

レイが奇妙なダンスをしながら2人の所にやってきた

七夕集会の前にドンヘ保育士から習ったダンスを

レイが自分なりにアレンジしたもので

紙芝居をやっている間も忘れないようにと

ずっと自主トレしていたのだ



ニコニコしながらシウミンに抱きついているルハンに

レイは首をかしげながら床に置いてある短冊を見る


『しうちゃんとこいびとになる』の『こいびと』部分が消されて

『しうちゃんとけっこんする』になっていた

シウミンが書いたと思われる短冊も

『サッカーせんしゅになる』がマジックで塗りつぶされて

『るはんとけっこんする』となっていた


「え~ふたりはけっこんするんだ・・・すごいね~」

何が凄いのか分からないけど

一応レイはほめる・・・

幼稚園児ながらすでに社会性を身に着けていたレイなのだ




「ほらぁ~おまえら~笹が届いたから短冊とりつけるぞ」

理事長のヒチョルが

イトゥク園長が担いできた笹を振り回して大きな声で叫ぶと

あちこちから短冊を手にした園児が集まってきた



「おうっ!!!!お前ら結婚するのか? 仲良くやれよ」

ヒチョルはルハンが手にした短冊を読むと

にやりと笑って笹に取り付けてくれた

ルハンはしっかりとシウミンの腕を掴んだまま

綺麗な顔で嬉しそうにほほ笑む


「しうちゃんの手に何か書いてあるよ」

タオが気が付いて大声で叫んだ


「うん・・・・」シウミンは困ったように笑う

タオの声に園児がわらわらと集まってきた


「ルハン・・・?????

何でしうちゃんの手にルハンの名前が書いてあるの?」



「しうちゃんと るぅは・・・こいびとになりました

だから大人になったら、けっこんします」

ルハンの発言に周囲の園児たちはざわざわと騒ぐ

「こいびとだから・・・しうちゃんは、るぅのものです」


それを聞いたヒチョルは思わず吹き出した

「あっははははは・・・だから名前書いたのか

自分の持ち物には名前を書きましょう・・・って先生たち言ってるからな」


ヒチョルはシウミンの小さな手を掴んで

マジックで書かれたルハンの名前をなぞった


「先生も昔・・・好きな子の手に自分の名前を書いたっけなぁ・・・」

ヒチョルは幼馴染で恋人のハンギョンの事を思い出して

急に胸がキュンとする

幼稚園時代にハンギョンの手に自分の名前を書いたのだ


「シウミン・・・お前大変だけど覚悟決めたんだな・・・」

ヒチョルはそう言うとシウミンの頭をなでる

シウミンはニッコリとほほ笑むと

「ルハンは僕のものだから離しません」と言い放った

ヒチョルは満足そうに笑うと

2人の短冊とルハンの名前の書かれた手を

デジカメで撮影した










2人の幼稚園時代の約束は

成長するとともに忘れられていたが

お互いに好きな気持ちは持ち続けていたので

この日の証明写真が決め手になって

大人になってからルハンはシウミンにプロポーズをする



その話はこの七夕の日から20年以上過ぎてからの出来事となる







おしまい


グダグダですみませんでした・・・・・

運命 3

[運命] 3




「るうちゃーん・・・るうちゃーん・・・どこにいるの?」

パンダのぬいぐるみを抱いたタオが

ルハンの名前を呼んで探している



「ルハンは・・・多分いつもの所にいるよ」

クリスがコーヒーを飲みながらタオの頭を優しくなでた

タオは安心したように笑って

胸元のパンダのぬいぐるみをぎゅっと抱きしめた

「るぅちゃん・・・最近あの場所でよく歌ってるよね~」



レイが何かを感じたようにクリスの方を向いた・・・

「今日は見張りが来そう・・・ルハンに注意してくる」


「いや・・レイ・・・大丈夫だ・・ルハンは・・・

それよりお前が見つかるだろう・・・・ここに居ろ・・・」

クリスはそう言ってほほ笑むと読みかけの雑誌をめくる


クリス達が住んでいる所は

身寄りのない子供たちが住んでいる孤児院


それはあくまでも表向きの姿で

実際はスパイ養成所だった

独裁国家のこの国で

身寄りのない子供たちは恰好の「鉄砲玉」だった

生きていくために子供たちは

過酷な訓練を余儀なくされる

将来使い捨てにされるのにも関わらず・・・・



最年長のクリスが16歳

レイが14歳

ルハンが11歳

タオが6歳

たまたま同部屋になったこの4人は器用さもあり

実技は養成所の中でも優等生の部類に入っていた


しかしもともとの気質のためか

スパイ要員としての洗脳は上手くいってなかった


頭の良かったクリスと勘の鋭いルハン

本能的に大人の考えを察知できるレイ

3人の言う事だけ大人しく聞くタオ


他の子供たちとは少し違った考えを持っていたが

それをうまく隠して過ごしていた



クリス達の部屋の南側には今では荒廃した庭園跡があり

その向こう側には塀が連なっている

大人でも登れない高さでそびえたっていて

もちろん子供は訓練を受けてるクリス達でも無理だ

その為か塀の近くまで行ってもそれほど叱られる事はなく

ルハンはお気に入りの場所を見つけて

1人になりたい時にはその場所で歌を歌って過ごしていた




その日は満月が綺麗な夜だった

夜中に抜け出して月をながめていると

日々の訓練の苦しさや辛さを忘れる事ができそうだった

月の光を浴びてすべてが浄化されるような気持になる


気分よく歌を歌っていると突然塀の向こうから音がした


誰かがいて塀を叩いている

良く聞くと叩き方が信号のようだった

訓練の一つとして信号解読もあったので

ルハンにはすぐに理解できた


『歌』『上手』


塀の向こう側に誰かがいて自分の歌を聴いていたんだ・・・

そしてそれを上手だと褒めてくれている・・・

塀の南側にも国があると聞いていたけど・・・こんな近くにいるなんて・・


ルハンは驚いたけど警戒心よりも好奇心の方が勝って

『ありがとう』と叩き返した


その後も単語の羅列の信号が送られてきて

ルハンは楽しくなって返信を繰り返す



~♪

遠くから指笛が聞こえてきた

クリスから戻って来いという合図だった

気づくと真上にあった月も

もうだいぶ下がってきている




『次』『満月』『同じ』『待つ』

そう送ると相手から

『満月』『待つ』と返信がきた


ルハンは信号の内容のたどたどしさから

相手は自分と違って素人だろうと推測した

それでもどんな相手なのか想像するとワクワクする


この時からルハンは塀の向こうの人物と

満月の夜限定で通信を続ける事になった

お互いに空振りの時もあったけど

月に一度は信号という会話を交わすことができた



そして気づくと5年という歳月が過ぎていった



続く

七夕狂想曲 その後

お久しぶりです

「運命」がまだ途中ですが

七夕狂想曲の大人になったルーミンを書きます



[七夕狂想曲 その後]



幼稚園で、あれほど仲良しだったルハンとシウミンは

住んでいる地域が違ったので

小学校と中学は別々の学校に通う事となり

高校も運動部は強いが

勉強はそこそこの学校に進学したルハンに対して

運動部もそこそこ強い進学校に進学したシウミン

普通だったら幼稚園時代の事は忘れ大人になってしまうところだ


幼稚園時代は子供同士が仲良しでも

お互いの家のライフスタイルが違ったりすると

親同士のコミュニケーションは無かったりする



しかし2人ともサッカーに熱中していたおかげで

2年生の時に運命の再会をする事が出来たのだ






「おい・・・ルハン・・・さっきから何をぼんやりしてる?」

チームのキャプテンがルハンを心配して声をかける

2年生になり3年の引退と共に新チームとなった

ルハンは1年の後半からずっとレギュラーだった

新チームとしての初めての大きな大会

周囲が緊張する中でルハンだけが自然体で

別にぼんやりしていたわけではなかったのだ

そしてルハンの視線の先には、

これから対戦する学校の選手がいた


「あの学校は今年は侮れないぞ・・・油断するなよ」

キャプテンの話も今のルハンの耳には入ってこなかった



あのちっちゃい子・・・白くて猫みたいな目をした・・・可愛い・・・

1年生かな? ・・・って腕にキャプテン章巻いてるじゃん・・

って事は俺らとタメ? 2年生なのか?

俺・・・初めて対戦するのに・・・あいつの事知ってる気がする

何でだろう・・・懐かしい・・・・胸が痛い・・・・


試合が始まってからも

ルハンはずっと相手校のキャプテンから目が離せない



それは相手校にいたシウミンも同じだった

サッカー強豪校にいたルハンは有名人

ルックスもプレーも一流となれば目立つことこの上ない

その有名人のルハンがずっと自分を見ている・・・

シウミンはその事に気が付いた

マークされあうポジションじゃないのに

少し離れたところからずっと見つめている


そしてその感覚はシウミンの心をざわつかせる

試合に集中しようとしても何かがひっかかる




プレーに集中できないルハンはシュートが決まらない

そのおかげか1-0という僅差でルハンの学校が勝利した



「おい・・・ルハン・・・お前の今日のプレーは何だ!!!!」

さっさと着替えを済ませたルハンは

顧問の雷が落ちる前に荷物を持って控室を出ようとしていた

「こらっ!!!! どこに行くんだ!!!!」

顧問の怒鳴り声に控室のドアを閉める直前で振り向いた

「今日のプレーは確かに注意力散漫でした・・・反省してます

お小言は明日まとめて聞きます・・・今このチャンス逃したら・・

俺・・・一生後悔するんで・・・すみません・・・」

そう言い残してドアを閉める・・・




「相手の方がやはり上だったな・・・

お前達も頑張ったけど・・・やはりルハンを中心に強かったな」

シウミン達は善戦した試合だったと顧問の評価を得た

負ければ悔しいけど・・・相手が上だったと感じる事も多かったので

次回につながる様に練習を頑張ろう・・・と話がまとまって解散となった

マネージャーに細かい指示をだして控室を最後に出る


え?


1人で部屋を出たシウミンの目の前に

さっきまでの対戦相手のルハンの姿があった

明らかに自分を待っていたという感じで

壁に寄り掛かったまま自分の事を見つめている



お互いに見つめあったまま言葉が出ない


でも何だろう・・・懐かしい・・・

シウミンの胸が懐かしさで溢れそうになる

目の前のルハンに笑いかけた


すると・・・ルハンの瞳から涙が一滴落ちた・・・・


ドキン・・シウミンの胸がドキドキしはじめた


知ってる・・・この泣き顔・・・・




そういえば・・・

幼稚園の時に、泣いてばかりの綺麗なおとこのこがいた

すごく仲良しだった・・・毎日一緒に遊んでいた・・・

幼稚園卒園しても同じ小学校に行くと思っていて

入学式にその姿がなくて寂しい思いをした・・・


そしてその子はいつも俺の手に名前を書いていた

マジックで「るはん」って・・・・



シウミンは自分の手をルハンの方に差し出した


「もう名前書かなくてもいいの?」

「しうちゃん・・・・・」






るぅは・・・しうちゃんと結婚するの・・・

家に帰ってから親に報告すると

男の子同士は結婚できないと親に諭されて

大泣きした事を思い出した

小学校もそのまま一緒だと思い込んでいて

入学式にシウミンの姿が見えずに大泣きした・・・

不思議だな・・・ずっと忘れていた

すごく大事な思い出だったのに・・・・


シウミンはルハンに近づいて涙を優しく拭った


10年たってもお互いの気持ちは変わってなかった

幼稚園時代の初恋の相手と再会して

そしてまたお互いに魅かれ、愛し始めている・・・


「会いたかった・・・会いに来てくれてありがとう」

「しうちゃん・・・・・」


誰もいないスタジアムの暗い廊下の隅で

シウミンはルハンの頬に優しく手を添えて

その唇に自分の唇を重ねた


幼稚園の時にファーストキスをルハンに奪われたっけ・・

そんな事を思い出しながら今度は自分からkissをする


この時はまだ幼稚園時代に

結婚の約束をした事は思い出せてなかった


お互いに好きあっていた事だけが確認でき

この再会以来2人は愛を育みあう

そして

ある事がきっかけで幼稚園時代の約束を思い出し

ルハンがプロポーズする事となるのだった







おしまい
プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR