願う ~Last~ 前編

願う ~Last~  前編


4年後


「お兄ちゃん!!!!もうすぐ本番だよ!!!

どうせ相手はミンソクオッパなんでしょ!!!

一緒に住んでるのに今更何を電話してんのっ!!!」


テレビ局の楽屋で本番直前に電話で話をしているルハンに

妹のユナが大きな声で怒鳴っていた


「あっ!!!!うっせーな!!!分かってるよ!!!!」

ルハンはユナに文句を言うと電話を続ける


『もう本番なんだろ?俺は事務所でテレビで見てるから・・

電話切るぞ』



「ミンソク~今日・・生放送なんだ・・俺たちの事話してもいい?」

ルハンの言葉に電話口のミンソクが一瞬黙った

そしてすぐに大きな声で笑い出した


『俺たちは何も恥じることはしていない。

俺の仕事はそんな事では揺るがないよ。

お前が公表したいならいいよ・・・

それでお前がマスコミの標的にされたとしても

何かあったら俺が守るから・・・俺はルハンを信じてるからな』

ミンソクの力強い言葉にルハンは少し涙ぐんだ


「うん・・・名誉棄損とかの裁判沙汰になったらお願い・・

俺の顧問弁護士さん・・・愛してる・・」



「ルーハーン!!!!早くスタンバイしてくれ!!!」

チャニョルがルハンを探しに来て、急いでスタジオに連れていく


「あれ? お前いつからプロデューサーからADに格下げになったの?」

憎まれ口をたたくルハンの頭を小さく小突くと


「この番組は俺の担当じゃないけど特別に

ルハン様のお世話係に立候補したんだぞ」

2人はくすくす笑いながらスタジオセットの所にやってきた



今日はルハンがタレントになって初めて、トーク番組に出演する

それも視聴率の良い国民的番組でもある「ヨンエさんの波乱万丈」


国民の誰もが名前と顔を知っていたサッカー界の王子様「ルハン」が

5年前の悲劇的な事故から蘇ってタレントに転身し

今では、そのイケメンルックスを惜しげもなく崩しながらの

体当たりレポートや芸人顔負けのリアクションのグルメレポート等

毎日のようにテレビに出ていて「国民のお兄さん」とまで呼ばれている



今までプライベートを公表してこなかったルハンがトーク番組に出る

それだけで高視聴率が期待されていた


「よろしくお願いします」

セットの椅子に座る前に

MCの大女優に礼儀正しく挨拶をするルハン


女優はニッコリとほほ笑みながら

「今日は生放送よ・・・覚悟できてる?」と囁いた

ルハンも負けじとその綺麗な顔に最高の笑顔を浮かべてうなずいた


そして本番スタートの合図とともに番組は始まった




~ギョンスの店~


ルハンがあの有名な番組の生放送に出演すると

チャニョルから聞いたフットサルのメンバー達が

急きょギョンスの店を貸し切りにして集まることになった

こじんまりとした店内にテレビを持ち込んで

ギョンスの好意で出された料理を食べながら番組をみんなで見ている


「この番組ってさぁ~母ちゃんが好きで見てるけど・・・

結構プライベート突っ込んでくるよね~」

ベッキョンが前菜を食べながら話す


「おっ!!!このカナッペ旨い!!!!ギョンス最高!!!」


「ルハン大丈夫かな・・・昔からこういうの苦手だったし・・」

スホが心配そうにテレビを見つめる


「そうだね~サッカー以外は本当に残念な人だったもんねぇ~

でもその残念さが今ではうけているんだから不思議だね~」

レイがワインを飲みながら楽しそうに話す


「ってかさ・・レイは仕事大丈夫なのかよ~」


「ん~? 知らないけどマネが何とかしてくれるんじゃないの?」

今ではすっかり売れっ子のレイだけど

昔と全く変わっていない天然ぶりに

周囲の仲間たちも今まで通りの付きあいをしている


「なんか懐かしい写真とか出てるぜ!!!

中坊の頃だ~俺らと一緒の写真だ~

みんなガキガキしてる~」

ベッキョンの笑い声に皆がテレビ画面に集中した




*すみません・・・後編に続きます・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR