ドーム 1

いつも遊びにいらして下さる方々
ありがとうございます

今日はEXOクン達の京セラドーム初日ですね
私は仕事の関係で大阪までいけませんでした・・
薄緑のシウミン君・・・会いたかったです・・・

今回のお話はリアル妄想でラブラブな話ではありません
宗文の頭の中で張り裂けそうになっている話なので
毒だしのつもりで文章にさせて頂きます

この話は1%の真実と99%の妄想で成り立っている話です
リアル妄想なので気に障る方がいたらごめんなさい・・・
登場するメンバーは芸名で統一させていただきます



[ドーム] 1

2015年春

EXOのメンバーは

日本での2回目のファンミーティングを横浜で開催していた

今回は日本の公式ファンクラブが発足しての初めてのイベントだった


3日間5回公演の最後にメンバー達にサプライズが発表される


「10月に東京ドーム3日間、京セラドーム3日間のライブ決定」


東京ドーム・・・今では海外アーティストの憧れの会場だ

その東京ドームで3日間もライブをする・・日本デビューもしていないのに・・

この話を聞いた時は、嬉しいよりも怖い気持ちが先になり

メンバーはリーダーのスホを中心に困惑した顔でマネージャーを見つめる


「SMタウンでステージに立ったことあるけど・・・本当に単独でやるの?」


「この間テミン達が、やっとの思いで手に入れた場所を・・

俺たちが簡単にやっていいのかよ・・・」


「東京ドームって収容人数が55000人なんでしょう・・・

ソウルのオリンピック競技場の倍入るんだよ・・・・」


「そんな場所って・・俺たちだけって・・早すぎない?」


「日本で俺たちって・・・そんなに知られてないのに・・デビューしてないのに」


メンバー達から不安の声が次々と沸き上がってくる

スホはすでにプレッシャーを感じ始めているらしく一言も言葉を発してない


「とにかく決まったんだ・・・腹くくるしかないだろう?

マネヒョン・・・

このドーム公演に向けての日本デビューはあるんですか?」


シウミンがその大きな瞳で見えない何かを睨みつけるようにして

マネージャーに聞いてきた


「ああ・・・カムバ用に用意した曲を日本語バージョンで収録する予定だ」


「タオは? タオはどうなるんですか? カムバに間に合うんですか?」

セフンが不安そうに聞いてくる


「カムバックはタオ抜きでやる事が決まった・・もう撮影が始まるから」

マネージャーがそう言って部屋から出ていく


パタン・・とドアが閉まると

シウミンはドアを睨んだまま

「多分・・タオは戻ってこない・・・」ぽつりと言った

その言葉を聞いてメンバー皆がうなだれたように押し黙った


「タオねぇ・・連絡とれないんだよね・・携帯取り上げられたみたい」


ピリピリとした空気を破るかのように

レイがのんびりとした口調で話しだす


「あいつの事だから俺たちの連絡先なんて

携帯にしか保存してねぇだろう・・・くそっ・・・」

ベッキョンが悔しそうに呟いた


「僕達は僕達に与えられた事を

一生懸命にやるしかないって事なんだ・・」

チェンの小さく呟いた言葉にレイがほほ笑む


「そうだねぇ~僕も個人活動が増えそうで・・不安いっぱいだよ」


レイとf(x)のビクトリアは中国出身だ

この2人が中国での個別活動のために

事務所が特別な「工作室」を設置した

2人はSMのアーティスト以外の仕事を工作室から受けて活動を始めたのだ


「あと半年・・・半年あるって思えばいいじゃん!!!!みんなそんな暗い顔しないで」

チャニョルが大きな瞳をくりくりさせて皆に笑顔を振りまいた


「スホヒョン・・死にそうな顔してます・・・決まってしまった事なんですから

後戻りできませんよ・・・僕達は頑張るだけです」

ディオの発言にスホは泣きそうな顔から必死に笑顔を作ろうとしている


「うわっ!!!スホヒョンの顔・・・超ぶさいく~!!!鏡みてみぃ?」

ベッキョンの言葉にメンバーみんなが笑いだした




あと半年・・・半年しかない・・そう思ったらだめだ

半年もある・・・そう思えば少しは活路が見えてくるかもしれない・・・

でも・・・身の丈あってない会場で集客がなかったら・・・・

シウミンはぶるっと身震いすると自分で自分の体を抱きしめた



メンバーそれぞれの思いが交錯する中

ドーム公演へのカウントダウンが始まって行く・・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR