可愛いは作られる

いつも遊びにいらして下さる方々へ
本当にありがとうございます
更新がなかなかできずにすみません・・・

ちょっとスジュ活してまして・・・
自称EXOのオンマのSJリョウクの単独ペンミに行ってました
そこで思いついた話を上げます

カイドの話はあと一話で終わるのですが
こちらを先にあげます・・・すみません・・・

リョウクは日本の歌を9曲歌ってくれました
ミーシャのエブリシングは鳥肌立つほど素敵でした

ぎょんちゃんやベクにチェンチェンの歌声も好きです
この三人にとって良いお手本になれるように
リョウクは頑張ってます・・・(でも今年兵役なんです)

リョウクとベクとぎょんちゃんとシウミン君の
おバカversionの話をどうぞ


[可愛いは作られる]


「おいっ!!!ギョンス!!!こんな所に呼び出して何だよ」

ノレバン・エブリシングのパーティルーム通称SJ部屋に

ベッキョンとシウミンとディオの3人が座っていた

ベッキョンは静寂さに耐え切れずにディオに話かける

「誰か来るんだろう?」

シウミンもカラオケの機械をいじりながら呟いた

「ん・・もう少し待ってて」

ディオは時計を見ながらそわそわと落ち着かない

ディオから懇願されて2人はこの部屋に連れてこられたのだが

何故か詳細は明かされていなく

いま誰かを待っている状態だった


「ごっめーん!!!!ちょっと遅れちゃったね~」

元気よく入ってきた人物を見て

シウミンとベッキョンは目を見開いて驚いた

「リョウギヒョン!!!!!」

リョウクは店員から奪い取ったと思われる

飲み物の乗ったトレーを手にして

今日も可愛い年齢不詳の服装で立っている

(この人といいヒチョリヒョンといい・・・

青の兄さん達は本当に年齢不詳だな)

ベッキョンが心の中で思った


「まあまあ座って座って」

リョウクに促されて直立していた3人はソファに座った

「まあまあ飲んで飲んで」

リョウクは3人が先ほど注文してたドリンクをテーブルに置く


「で・・・ヒョン・・・今日の用事って何ですか?」

ディオが恐る恐るリョウクに訪ねる



リョウクはラジオ番組のDJをしている

番組出演などでEXOの3人にとっては

大先輩のSJの中でも馴染みのあるヒョンだった

(ここに座っているのがイトゥクだったら緊張で固まっていただろう)


「僕・・今年兵役なんだけどね・・

その前にぜひ3人に伝えたい事があってね」

「伝えたい事? 歌の事ですか?」 ディオが答える

「違うだろう・・・チェンがいないし」 シウミンがディオの答えを否定した

「で・・・何ですか?」 ベッキョンが興味津々の顔で聞いてくる


3人の顔を見回してリョウクはニッコリとほほ笑んだ


「君たち3人にぜひとも伝えなければならない事は・・・・『可愛い』です」




はあ??????


3人はリョウクの口から出た『可愛い』を

理解するのに少し時間がかかった


「俺? 何で俺を呼んだんですか? 俺可愛いと関係ないし」

シウミンが驚いたように口を開く


「はあ? ウミニヒョン何言ってんの?

ウミニヒョンが可愛くなくて誰が可愛いんだよ」

ベッキョンが呆れた様に言う

「だって・・・俺を可愛いって言うのルハンだけだと思って・・」

シウミンはそう言いかけて、恥ずかしさで口を閉じる


「まあまあ落ち着いて!!!

僕はミミちゃん(ソンミン)から伝授された技があってね

それを3人に伝授しようと思って集まってもらったの」


「わざ・・・技って・・・伝承するもんなんですか?」

ディオが目を見開いたまま聞いてくる

「ソンミンさん・・・って・・・嫁に行くと思ってたら嫁もらったし」

ベッキョンの呟きにリョウクが苦笑する

「せっかくの技だから

僕だけで終わらせるのもったいないし

それに軍隊に行ってる間に『可愛い』似合わなくなるし

君たち3人にはぜひ使ってもらいたいんだよ」

「はあ・・・・」

「ペンは大喜びだよ。ペンサとして覚えておいて損はないよ」


リョウクに押切れられるように

3人は技の習得を了解した



それから数時間

可愛いの技取得にむけて特訓が繰り返された

「その目線は斜め45度!!!!!何度言ったら分かるの!!!!」

「恥ずかしがっちゃダメだ!!!!僕たちはプロなんだよ」

「その目線の時は指先の向きはそっちじゃない!!!!!」

いつもニコニコ可愛いリョウクが鬼軍曹に豹変した

最初は乗り気でなかった3人も

リョウクの「プロのアーティストだろう」の一言で

負けん気に火が付いて技の取得に必死になる


「よし・・・もう大丈夫だね」

リョウクの一言で3人は床に座り込んだ



「これで僕は安心して兵役に行ける・・・ありがとう」

リョウクは涙目で3人に握手を求めてきた

「ヒョン・・・・」

3人も習得出来た喜びと

リョウクが今年中に兵役に行ってしまう事実に涙目になっていた


こうしてソンミンの考案した『可愛い』の技は

リョウクから無事にEXOの3人に受け継がれたのだった



ただ不思議な事に

元祖は「可愛い」だけだったのに

伝授された相手によってその技が熟成され

ベッキョンには「あざとさ」が加わり

シウミンには「色気」が加わった

ディオに関して言えば映画の撮影などがあり

可愛いの技は封印されたまま・・・・

忘れたらいけない・・・と

カイの前だけでその技は披露されていたのだった







可愛いは作られる・・・それが真実






おしまい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しい

ウギたん!
行きたかったぁ。
キュヒョンのソロコン当たると信じています。
可愛いシリーズこれからもよろしくお願いいたします( ´ ▽ ` )ノ
実践編も!
先輩に学ぼう!シリーズもイイなぁ。

青い先輩それぞれレクチャーしてくれると楽しい。

ありがとうございます。

Re: 楽しい

> しーさんへ

コメントありがとうございます
ウクちゃんのソロコンのライブビューイング行きました
本当に可愛い・・・
周囲のウクペンのお姉さま方は
涙浮かべながら聞き入ってました

先輩に学ぼうシリーズですか(笑)

まずは女装の楽しさですか?

考えてみます
プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR