永遠に

[永遠に]

シウミンside


ここは・・・どこだろう・・・

シウミンは時代劇に出てくるような大きな門の前に立っていた

通り過ぎる人々の腰位の高さしかない自分は

幼い子供のような小ささだと思った

なぜそう思ったのが不思議だったがそれよりも

自分はずっと誰かを待って門の前に立っている自覚も持っている

通り過ぎていく大人は時代劇に出てくるような服装で

その場に佇んでいる自分の事も見向きもしない

誰にも気づかれる事なくずっと佇んでいる・・・・・・


その様子を第三者の様に見つめている自分もいる

待っている誰かが来てくれない寂しさと不安から自然と涙があふれてきた

そして日が暮れて1日が終わっていく

もうずっと何日も何か月も何年もそこに佇んでいる気がしてきた

そのうち疲れたシウミンはしゃがみこんで涙をぬぐいながら

いつまでも来ない待ち人を待ち続けている・・・・・・・








「ヒョン!!!ヒョン!!!!起きてますか? 疲れているんですか?」

残業中のオフィスで

自分の机で意識を飛ばしていたシウミンに

後輩のチェンが声を掛けてきた

「あ・・・悪い・・ちょっと寝てた・・・」

シウミンはたった今

見ていた夢を頭から追い払うように

頭を左右に振って頬を両手で軽く叩く

「あと少しだ・・・終わらせて帰ろう・・・」



またあの夢を見た・・・

シウミンは子供の頃から同じ夢を何度も見ていた

時代劇で見るような景色で

大きな門の前で誰かを待っている幼い自分

悲しくて寂しくて夢から覚めても

心の中が寂しくてポッカリと穴が開いたように感じている・・・・








ルハンside


ルハンは夢の中でいつも走っている

誰かを探して必死になって走り続けている

そして見つけられなかった消失感で立っていられなく

その場に座り込む

見つけられなかったと失望しながら1日が過ぎていく・・・・


そんな夢を何度も繰り返してみていた

夢から目覚めた後は

虚しさと寂しさでやるせない・・・・



「ルハン・・・出張に持っていく資料はできた?」

レイに言われてハッとしてルハンはあわててファイルを取り出した

「なにぼんやりしてるの?明日の打合せは大事なんだよ」

「お前に言われたくないね・・・ちょっと考え事してただけだ」







「初めましてSM商事のレイです」「ルハンです」

「初めましてプラネット企画のシウミンです」「チェンです」

ルハンは初めて会う取引先の相手を見て驚愕する

相手も自分の顔を見て驚いて息を飲む





会社の近くのカフェで

ルハンは取引先のシウミンと名乗った人物を待っている

打合せが終了した時に

ルハンは他の2人に気づかれないようにメモを渡された

時間と場所だけの書かれたメモ


初めて会った相手なのに懐かしかった

説明のできない程の衝撃を感じて魂が震えた

「遅れてすみません・・・」

ルハンの後ろからシウミンの声がする

その声を聞いただけで涙があふれそうになる

振り向くとシウミンの瞳からも涙があふれそうになっている

ルハンは黙ったままシウミンの袖をとるとcafeの外に出た




初めて会ったのに分かった・・・

俺が夢の中で待っていたのはルハンだったと・・・




顔を見て魂が震えた・・・

ずっと探していたのはシウミンだったと気が付いた・・・・





愛し合った魂は

記憶をリセットされた後でも

その愛の記憶は魂に刻み込まれている・・・・


ルハンとシウミンが見続けていた夢は前世の記憶

前世で愛し合った魂は今世で出会ってお互いの存在を感じ合う



愛している・・・愛している・・・・

生まれ変わっても愛するのはあなただけ・・・

何度生まれ変わっても見つけ出してみせるから・・・・


永遠に途絶える事のない愛の輪廻の中で

ルハンとシウミンは出会って愛し合う・・・・








~♪

「しうちゃーん!!!!お誕生日おめでとう」

「ルハン・・・お前今日ライブだろう? 起きてていいのかよ」

「一番最初におめでとうって言いたかったの!!!しうちゃんだって上海でライブでしょう?」

「俺たちよりもお前の初めてのソロライブの方が大事だろう!!!」

「うん・・・しうちゃんのために今日にしたんだ」

「ごめんな・・・仕事入って行けないし」

「うん・・・分かってたよ・・・」

「お前・・・俺の分のチケ・・ご両親に渡したんだろう?」

「うん・・・俺・・・親の分手配するの忘れてたから・・・」

「側にいてられないけど・・・頑張れよ」

「うん・・・しうちゃんの為に歌う曲があるんだ・・・・」

「・・・・・・・・」

「しうちゃん・・・俺と出会ってくれてありがとう」

「ルハン・・・」

「しうちゃん・・・・愛している・・・離れていても・・・」

「ルハン・・・俺も愛しているよ」

「しうちゃん・・・・ごめんね・・・」

「ばか・・・泣くな・・・ソロライブ頑張れよ」





2016年3月26日

シウミン君の27歳の誕生日
北京でルハンの初めてのソロライブがありました
シウミン君は自分の誕生日を
仕事のために訪れていた上海でメンバーに祝ってもらいました











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR