喧嘩

[喧嘩] 


~この話はジョンデsideのルーミン話です~



ミンソギヒョンが喧嘩をした

相手はもちろんルハニヒョン

珍しく電話で声を荒げていたので

隣の部屋にいた僕は

ビックリして耳をそばだててしまった


しばらくすると「もういい」と言い残して電話を切ったようだ

口論となるとルハニヒョンの方が勝つ

ミンソギヒョンはすぐに黙ってしまうからだ

ビックリした僕はすぐにイシニヒョンに電話をして

事の顛末を伝えて解決方法を聞こうとした



「そんなの~ほっとけばぁ~」

イシニヒョンが面倒くさそうに答える


「でもミンソギヒョンが

あんなに大声だすの珍しいですし・・・」


「痴話げんかでしょ~

どーせルハンが色々と文句言ったんじゃないの」


「?」


「ほっとけば良いんだよ~

一緒にいるときだって喧嘩してたじゃん」


イシニヒョンに言われてみて確かにそうだったと思う


ルハニヒョンが些細な事で焼きもち焼いて

ミンソギヒョンが怒って・・

2人で口きかないって何度もあった

でもすぐに仲直りして

喧嘩する前以上に

いちゃいちゃ状態に戻ってたので

喧嘩していたという記憶は忘れていた


それから僕は仕事が忙しくて

2人の喧嘩の事はすっかり忘れていた・・・・・




「今日はマネージャー抜きでの

『二人旅』というコンセプトでお願いします」


僕とミンソギヒョンの2人でドライブしながら小旅行をする・・

2人のプライベート感が出せればいいという仕事が入った

僕たちは中国で活動していた時に

2人だけの韓国人だった事もあり

当時からすごく仲がいい・・・

お互いがB型というのもあって

一緒にいてすごく楽な関係だと思う



PDから絵コンテを見せられながら

大体の流れを台本通りにしてトーク内容は2人に任された


ミンソギヒョンが車を運転して

運転席に小型カメラが設置されている

「TAXI」みたいだな~

僕たちはカメラの存在を忘れて楽しくトークをしていた


林みたいな場所に連れていかれると

自由に楽しく動いてくださいと指示された


あれ?

今日のミンソギヒョンが・・・何か・・僕にまとわりついてくる

何か変だな・・・・

林の中で りすにでも懐かれたみたい・・・

何かヒョン・・・可愛らしさがあふれ出てますけど・・・

そんな感じで僕もドキドキしながら撮影した


食事の時に

ミンソギヒョンは

いつもメンバーが脱線すると注意してくれる・・

今日もそんな感じだと思っていたのに・・・

あれ?

いつもよりも凄く優しい・・・

僕は少しの違和感を感じながら

収録を続けていた


ミンソギヒョンに

優しくされたり懐かれると凄く嬉しい反面

イシニヒョンがいなくて良かった・・・とコッソリ安堵する



最後のインタビューの時に

ミンソギヒョンの口から爆弾発言があった


僕たち2人の関係は・・・と聞かれた時に

家族・・兄弟・・そんな返事をしてくれると思ったら


「妻みたいですね」


その言葉を聞いた時に僕の脳裏には

ルハニヒョンの能面の様な無表情の顔が浮かんできた


僕はあわてて「家族みたいです」と訂正いれたけど・・


そうか・・・まだ喧嘩中だったんだ・・・

だから林の中でも妙に僕にまとわりついてきたし

今の答えだってそうだ・・

この番組がネットで

中国にいるルハニヒョンにも見れると知って

わざとだ・・・



ひょえ~勘弁してください・・・僕はまだ死にたくありません・・・

ルハニヒョンが本気で怒ると無表情になるんだよ

ミンソギヒョン知らないでしょう・・・

その顔って綺麗だから余計に背筋がぞっとして

生きた心地がしないんだ・・・・

僕たち弟は何度もそんな怖い目に合ってるだよ~

2人の喧嘩に僕を巻き込まないでよ~



後からPDに放送日を聞いて

僕はそれまでに対策を考えようと思っていた・・けど

丁度日本でのペンミと重なってしまい

その事をすっかり忘れていた

ベクを使って

ミンソギヒョンとルハニヒョンの喧嘩がどうなってるか

こっそり探りを入れてもらったら・・・まだ喧嘩中のようだった



ひょえ~

ルハニヒョンが台湾で仕事あるみたいだから・・・

それが終わった辺りに僕に怒りの電話が来そうだ・・・

それまでは日本のペンミに全力をつぎ込んでおこう・・・






日本での3日間のベンミが終わって

皆で夕食を食べていたら

ネット大好きチャニョルが

スマホいじりながら驚いたように言った

「ルハニヒョン・・・台湾に出入り禁止くらったよ」

「はあ?」

その場にいた皆が意味わからないと言うように

チャニョルの顔を見る


「ルハナは今日は台湾で番組の収録中だぞ」

ミンソギヒョンがチャニョルに怪訝そうに言う


喧嘩中でも相手のスケジュールは把握してるんですね

さすがルーミンです・・・僕は感心してしまった

チャニョルが芸能記事を

みんなに分かる様に読み上げてくれた


台湾に入国する時に「観光ビザ」でスタッフ一同入国して

テレビ番組の収録をしていた

本当だったら「就労ビザ」じゃなければいけないのに

台湾の法律でルール違反をしたものは

5年間台湾への入国を拒否される・・・との事だった


「それって明らかに番組制作側のミスですよね」

ギョンスが冷静に言うと

ミンソギヒョンが珍しく青ざめた顔で部屋を出て行った


「中国って台湾も自分達の国の1部だと思ってるからね~

台湾側からだと違うのに・・」

ベクが冷静に意見を言う


へぇ~珍しい・・・

ベク・・・お前そんな考え持ってんだ・・・

まてよ・・・中国の事だから・・・ヒチョルさんの受け売りか?

そんな気がする・・・お前自分の意見なんてないじゃん・・・・

危うく騙される所だった・・・・



「ミンソギヒョン・・・ルハニヒョンに電話してるんでしょ・・

みんな食事を続けましょう・・・」

セフンの言葉に皆は頷きながら食事は続いた




帰りの飛行機で

隣のミンソギヒョンにそれとなく

ルハニヒョンの事を聞いてみると


「スタッフの落ち度だけど

ルハナが台湾に入国禁止になったのは確かだった

すごく落ち込んでた」


「それで?」


「俺たち今年の後半から日本での活動が始まるだろう?

だからルハナも日本進出しろって言った」

ミンソギヒョン・・・凄い発想です・・・


「そうすれば・・・俺たち日本でも会えるだろうし////////」


真っ赤になったミンソギヒョンを見つめて

思わず吹き出しそうになったけど・・

ぐっとこらえて真面目な顔を作った


僕への恐怖の大王からの電話はまだこない・・・

いっそのことすっかり忘れて

あの番組は見ないままでいてほしい・・・





僕は金浦までの残りの時間を眠る事にして

2人の喧嘩が仲直りできて良かったと胸をなでおろしていた




おしまい



この話は少しの真実とほとんどの妄想で出来てます

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR