初デート 前編~偶然による必然的な出会い番外編~

どうもご無沙汰しています
毎日激務で・・・PC開けてません・・・
妄想はしているんですけどね・・・・

今回は「偶然による必然的な出会い」のシウミンとルハンの
初デートの話をあげます

「偶然による~」をまだ読んでない方は
先に読まれた方が分かりやすいかと思います


「初デート」 前編 ~偶然による必然的な出会い 番外編~



惑星ソリップの近くにシナワールドの支店が新しく作られた

近くと言っても高速宇宙船で地球時間で2時間はかかる

(高速宇宙船は普通の宇宙船よりも速度がかなり違うし高価なもので
一般家庭にはあまり普及されていない)


シナワールドグループは

地球の近くにある

総合レジャー施設が設置されている惑星を中心に

今では地球連合政府の統治している惑星間に

「娯楽」を提供するスペースを数か所設置して

大成功をおさめていた


ソリップの近くに出来たのは

宇宙ステーションを小ぶりにした

レストランやショッピング施設がある建物だった


「へぇ~今度オープンしたシナワールドには

水族館があるそうですよ」


定期メールに紛れてきた

開店DMを読んでいたギョンスが楽しそうに言う


「水族館? もちろんレプリカものだよね」

チェンがたずねる


「多分太古の地球上にあった海を再現したものだと思います」


「俺たちが知っている地球は大気汚染が酷くて

ドームで覆われた中での生活だったからなぁ・・・・

大昔の綺麗な海なんて知らないなぁ・・・

たとえ泳いでいるのがロボットだとしても

再現されたもの見てみたいな」


シウミンがぽつりとつぶやいた一言に

水族館の意味も知らないヤチェ星人のルハンが突然叫んだ


「俺!!!!そこに行ってみたい!!!!しうちゃん連れて行ってよ」











「じゃあ~行ってきます♪」


「るうちゃん!!!お土産買ってきてね・・・絶対だよ」


「おうっ任せとけっ!!!!しうちゃん早く船出して~」


シナワールドがオープンして1か月後

ルハンとシウミンはソリップ所有の高速宇宙船で

シナワールドに遊びに行くことになった


ルハンが「水族館に行ってみたい」と

毎日の様に言い続けていて

シウミンが根負けしての外出となった


「でーと♪でーと♪」

今日のルハンは

覚えたての単語をずっと口ずさんでいて

ご機嫌な様子だった


シウミンと水族館に2人で行くと決まったときに

周囲から「デートだね」とひやかされた

ルハンはデートの意味が分からず

近くにいたベッキョンに尋ねると

「好意を持ち合う2人が

2人だけで楽しむために出かける」事と教わった



ルハンの星では「愛」をはぐくみ育てるという概念はない

子供は政府が製造し戦士として育成するため

赤ん坊や子供というものすら見た事がなく

愛の営みとされている行為もスポーツの様なもの・・・

そんな文化に育ったのだ


ソリップに来て、シウミンと出会い

初めて「愛」と言うものを知った

「愛」は教わらなくても本能で感じられるのだ

そして「愛」を育む事を覚え、

ルハンの毎日は幸せにあふれている


今日は初めて2人だけで外出するので

覚えたての「デート」という言葉が

ルハンを心地よく酔わせてくれていた




「さあ着いたぞ」

シウミンに言われて

駐船場に高速船を止めて船を下りる



ド田舎の惑星ソリップに来てから

初めての外出・・・それも初デートに

ルハンの心臓は興奮で今にも破裂するのでは・・と

緊張で顔もこわばっている


そんなルハンの様子を見たシウミンは小さく笑って

ルハンの手をそっと握った


「しうちゃん・・・・」

握られた手から優しい温もりが伝わってくる

やさしさが手からルハンの全身を巡ってくるのが感じられた



続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お待ちしておりました!

> lunaさんへ
コメントありがとうございました
なかなか更新できませんが
また遊びにいらしてください
コメントいただけると
すっごく嬉しいです♪
これからも頑張ります♪
プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR