Android's Tear 1

[Android’s Tear]



彼はもうどの位そこにいたのだろうか

すっかり寂れた博物館の一角に置かれたまま

訪れる人もなくただ静かにその場所に存在していた





今から数十年前に一世を風靡したロボットMⅡ0001

人間型ロボットの始まりで愛玩用に作られた


その頃の人類は飛ぶ鳥を落とす勢いで人生を謳歌し

怖いものは何もない的に文明を進化させ

宇宙開発にも成功し、どんどん宇宙までをその手におさめていた



そんな時に「愛玩用」として開発されたのがMⅡタイプのロボットだった


人類誰もが好きになる美しい容姿とスレンダーな体

友達や恋人の代わりになるために「服従」というプログラムが組まれていて

一時期爆発的人気がでて富裕層の間では誰もが侍らす程だった



しかし人間は我儘なもので「服従」するだけの綺麗なもの・・・

そんな特色しかなかったMⅡはすぐに飽きられてしまった

またそんな時に人類には不治の病が流行り出して

愛玩だけのロボットなど必要とされなくなったのだ



0001はいわゆるサンプルとして研究所に保管されていた

そしてこのロボット博物館に寄贈され現在に至っていた



宇宙からやってきた未知の病原菌により

人類はバタバタとその数を減らしていく

そして今では日々生き延びていくのがやっとの

生活を送る人々がほとんどだった



そんなある日

閉鎖されて誰も寄り付かないロボット博物館に

人影が入って行った



「あ・・・いた・・昔の記憶どおりだ・・

こんなところに長い事閉じ込められてて可哀そうに

今出してやるからな・・・」


1人の男が0001の展示ケースのガラス戸を開ける



博物館は今ではセキュリティすらかかっていない状況で

閉鎖されているのにも関わらず

浮浪者達の寝床として利用されたりしていた



0001の展示室は中二階にあり気づかなかったのか

それとも人間そっくりの姿に不気味さを覚えたのか

偶然にも手つかずで綺麗なままで

誰も侵入した形跡がなかったのだ



「うん・・・少し電気系統が劣化してるみたいだけど

ちょっといじってみれば治りそうだな・・・

バッテリーあたりの劣化がひどいけど

代用品ならいくらでもあるから大丈夫だろう」



男はそう呟くと小柄な体に0001をかついで博物館から去っていった・・・


続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR