Android’s Tear  Last

[現在]   0001side




ご主人様の希望通りに

丘の上の墓を掘り起こして遺体を埋葬した


途中で白骨化したルハンと思われるものが出てきたが

ワタシの掘り方が荒かったせいか

骨はバラバラになってしまった




しばらく考えたが

元の姿に戻すことが困難だと理解し

ご主人さまの遺体の上に骨を並べて重ねる事にした


頭蓋骨はご主人様の硬直した遺体をなんとか曲げながら

胸に置いて抱きしめるような形にして上から土をかける



すべてを埋めてから人間がするように

その上を花で覆うようにする



そしてワタシはその場に座り込んでしまった



気づくと水がワタシの頬を濡らしている



これは・・・なみだ・・・・



ワタシには泣くという機能はなかったはずだ・・・


そして備わってないはずの心が痛む







~ルハン・・・ありがとう~




ご主人様の最期の一言が耳に蘇った

ワタシの眼から涙があふれ出して止まらない

そしてワタシは大きな声で泣き続けた




ワタシは愛玩用のロボット・・・

だから夜の相手も出来た・・・しかしご主人さまは

ワタシをその相手にする事はなかった

やさしいハグはしてくれたが・・・キスすらなかった




そう

ワタシはロボットなのに

人間のご主人様を「愛して」しまった

いま感じている胸の中の大きな穴

これは「喪失感」というものなのだろう・・・・



ワタシは墓碑の所にうずくまって

ご主人さまと2人だけで行った旅の思い出を反芻している







涙が止まらない・・・


ワタシはもう壊れてしまった



バッテリーもあと僅かだろう・・・



何も考えるのをやめよう・・・








かつてルハンと名付けられたロボット0001は

自らその電源を落とし

墓碑を抱きしめるかのようにして眠りについた




オブジェと化した0001の姿は

人類が滅亡して

次の知的生命体が地球を支配しても

朽ち果てた姿になっても

墓を守るかのようにそこに存在し続けていた・・・














おしまい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

> mumuさんへ

コメントありがとうございます
すごく嬉しいです
妄想はいくらでもあるのですが
中々文章に出来なくて・・・すみません
細々と更新してますので又遊びにいらしてください

はじめまして

 宗文さん、はじめまして。EXOが好きなnuoscと申します。けっこう前に、知り合いのかたからこちらのサイトを教えてもらい、お話を読ませていただいておりました。コメントをするのは、今日がはじめてです。実はいちどだけその知り合いのかたを通して都内の駅でお会いしたことがあるのですが、ほんとに一瞬だけでしたので、きっと覚えていらっしゃらないと思います。(急にすみません……!)
 こちらのお話、とても自分好みの世界観で、近未来の設定にわくわくしながらも、しんみりと読ませていただきました。;;
 ほかにまだ読んでいないお話がたくさんあるので、すこしずつ読んでいきたいと思っています。インフルエンザにかかられたということで、その後の体調はいかがでしょうか。まもなくあたたかくなりますね、どうかご自愛ください。

Re: はじめまして

> nuoscさんへ
コメントありがとうございます
前に駅で会った・・・?????品川駅か何か?SJのイベントの時かしら?
友達がオフ会に行く・・ってその時ですか?違ったらごめんなさい
多分その友達のRTで最近nuoscさんのお話読ませてもらいました
すごい壮大なお話でワクワクしました。本にされるときは私も欲しいです♪
私の「Eternal」という作品良かったら読んでみて下さい
私には描けないnuoscさんの作品世界好きです

プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR