運命 5

[運命] 5

戦争はだらだらと3年も続いた

シウミン達の国は連合軍に属していたので

勝利を収める側となったが

村は空襲にあい破壊的なダメージを受け

勝ったとはいえ何も残らない戦争だった



しかし終戦をむかえて

命の助かった人々は生きていくために動き始める



スホは病弱のために出兵は免れたが

村の空襲を体験し

村人たちが亡くなっていくのを

間近に感じていた


祖父の決断により

奇跡的に焼け残った屋敷を解放し

行き場のない人々の世話をしていた

友人たちの出兵で

自分も国のために何かをしなくては・・・

そう焦っていたスホは

村の再建の手伝いをすることで

自分でも役立ってる・・・そう思えるようになった



悲惨な戦争が終わってしばらくすると

出兵していた友人たちがぽろぽろと戻ってきた

戻ってきても家族や家を失っているので

スホを頼りにしばらく屋敷に滞在し

そこから独立していく・・・そんな感じだった


チャニョルとベッキョンは早々に村に戻り

しばらくスホの元に滞在してから

2人で都会に仕事を求めて去って行った

チェンはスホの奉仕活動の手伝いをして

村に残る事になった



シウミンが村に戻ってきたのは

戦争が終わってから2年後だった

戦争中に捕虜となり

寒い国での捕虜生活で怪我をして

その怪我が原因で右足を引きずる様になった


片足を引きずりながら

村に戻ってきたシウミンをむかえたのは

かつての仲間のスホやチェンだった


シウミンは

意志の強そうな瞳を持った少年と一緒だった



それから3年が過ぎ

色んな仕事をして資金をためたシウミンは

村にcaféをオープンした


シウミンと村に来た少年はディオと言って

捕虜生活で知り合った

身寄りがなかったので終戦後に行き場がなく

シウミンが声をかけて村に連れて来たのだ


彼は料理を作るのが得意でcaféの軽食担当となった


今日はそのcaféのオープン日

スホとチェンが手伝いに来てくれた

シウミンが店を構えた場所は

かつてルハンと通信を行っていた塀の近く


それはルハンが自分を訪ねてくる時に

少しでも分かりやすいように・・・そう願ったから


シウミンは『ルハン』という名前しか知らない相手と

「戦争が終わったら会おう」という約束だけを信じて

今まで生きてきた


そしてこれからもその約束を守るために

この場所を選んで店を出したのだ



オープンして間もなく

金髪の背の高い男がシウミンを訪ねてきた


続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR