自業自得 プラネット番外編


自業自得・・・・自分の行いの報いを自分が受けること。一般的には悪い報いを受ける場合に用いる


[自業自得] プラネット番外編


~クリスの館~

「今日ってルーハンが

シウミン少佐を連れてくるって言ってたよね」


キッチンでリンゴを剥きながらギョンスがタオに聞いてきた


「うん・・ルゥちゃんずっと少佐の家に入り浸ってたから

洋服を取りに戻ってくるって連絡あったよ」


そう答えるタオが興味深そうにギョンスの手元を見ている


「美味しそうなリンゴだね」


タオの隣にいたカイもギョンスの手元を見つめている


「まったく・・・お前ら・・・」


ギョンスは苦笑すると剥き終わったリンゴを一切れずつ

タオとカイの口に詰め込むと


「今からアップルパイを作るからリンゴはもうダメ

後は焼きあがってからのお楽しみだよ」と2人を睨む


「はーい」タオは元気よく返事をすると


「ギョンスに怒られるからあっちに行ってようね~」と

カイの腕を引っぱってリビングへ消えていった


その様子を見ながらギョンスは小さくほほ笑む




ルーハンが一目ぼれをして恋人になってもらったというシウミン

ギョンスとカイはまだ正式に会ったことはない

国防省の情報部の少佐ですごいエリートだけど

むちゃくちゃな捜査のやり方で周囲は迷惑している・・・

だけどすごく男前な性格でカッコいい

これはタオとレイから聞いた話をギョンスなりに解釈したシウミン像


ギョンスとカイはルーハン達の仲間だけど

超金持ちの彼らとは違い施設で育った孤児だった

2人とも生きていく上で裏社会ともつながりがあり

そのルートを欲しがったクリスと知りあって今では仲間として生活をしている


クリスにルーハンにレイにタオの4人は実家が超金持ちだったので

あまりにも生い立ちが違いすぎて妬みや嫉みの対象にすらならなかった

そして超金持ちは心が広くできていて

2人とも居心地の悪さは感じることがなかったが

仕事じゃない時はどうしてもギョンスとカイは2人で過ごすことが多かったのだ



「シウミン少佐ってコーヒーが好きだって聞いたけど・・・・

スイーツってどうなんだろう・・・アップルパイ位は食べるかな?」


ギョンスは最近クッキングスクールのお菓子コースに通っている

これもルーハンがシウミンべったりになって

泥棒の仕事も減ってきたために自由な時間が増えたからだった

来客のおもてなし用にパイを焼くなんて・・・

まだ見ぬシウミン少佐に思いをはせる


どんな人なんだろう・・・楽しみだな・・・

ギョンスは嬉しくて無意識に鼻歌を歌いながら次の工程に進んで行った





「たっだいま~♪しうちゃん連れて来たよ~♪ 今日お泊りできるって」


「ルゥちゃんお帰り~!!!しょーさ!!!久しぶり~」


リビングからタオが玄関まで走ってきた


前髪を下ろしてニット帽をかぶり

ダッフルコートを着ているシウミンは

どう見てもボーイッシュな女の子に見える

中のセーターは少し大きいのか

袖で手の先が半分隠れていて可愛い


ルーハンの声で玄関まで出てきたギョンスとカイは

自分達の想像と違う可愛い人に一瞬戸惑ったが

ルーハンが一目ぼれしたのに妙に納得していた



「こらっ!!!!!タオ!!!!てめえ~しうちゃんに抱きつくんじゃねぇ!!!!」


「やだっ!!!!!しょーさに久々に会うんだもん」


シウミンを思いっきり抱きしめたタオの背中を

ルーハンは大人げなく思いっきり蹴飛ばす

シウミンを取り合って2人でぎゃあぎゃあ騒いでいると



ぴんぽーん


表の門の呼び鈴の鳴る音がした


「誰だろう・・・」レイが不思議そうにインターホンに出ると同時に


奥からクリスが青ざめた顔で走ってくる


「ルーハン大変だぞ!!!!!!あのサーデグが今日来るって連絡あった」


「ええええええええええええええええ????????????」


ルーハンが真っ青になってその場で慌てふためくと


「サーデグ・・・今着いたって・・・もう玄関までくるよ」レイがのんびりと答える


「うわぁぁぁぁぁどうしよう・・・どうしよう・・・」


ルーハンが動物園の虎のようにその場でぐるぐる歩き回る

その顔は半分泣きべそかいている状態だった



「タオ・・・サーデグって誰だ?」


シウミンは自分に抱きついたまま固まっているタオに声をかける


「え? あ・・の・・その・・・アラブの油田王の放蕩息子・・・るぅちゃんの・・」


「ルーハンの何だ?」


タオがシウミンの問いかけに答えられずに口ごもっていると

玄関の扉が勢いよく開いた


「おおっクリスにレイ!!!!久しぶりだね!!!出迎えありがとう・・・

そしてわが愛しの君は? ルーハンはどこだ?」


玄関に現れた男は大柄で身長はクリスとあまり変わらないが

胸板はあつくかなりガタイが良い

アラブ特有の口髭を蓄えているが肌のつやから30歳前半ぐらいと見える

頭にはターバンを巻きスーツを着ているという

最近海外でよく見かけるアラブ人スタイルで立っていた



タオに抱きつかれたまま気配を消してシウミンはその男の様子を観察する

仕事柄初対面の相手を短時間で分析するのは得意だった

そしてシウミンはこのターバン男がルーハンの元彼であると結論を出した


(元彼? いやあいつは今でも彼氏のつもりのようだ・・・)


そして過去に何があったのか知らないがルーハンは

クリスの背中に隠れるようにしがみつき視線はキョトキョトと定まらない


横にいるレイは心配そうにターバン男とルーハンを交互に見つめていた


「おおこんな所に隠れるなんて・・・相変わらずおちゃめな私の愛しの君」


そう言うとターバン男はクリスの背中から簡単にルーハンを引きはがし

思いっきり抱きしめ愛の言葉を囁きながら熱い口づけを交わしたのだった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは(●´∀`●)

るぅの元カレ( ; ゜Д゜)!!?

なにか裏が有りそうな相手ですね 笑

そんな状況でも
シウちゃんはいたって冷静ですか(^^;?

続きが楽しみです(≧▼≦)

Re: こんばんは(●´∀`●)

> aさんへ

いつもコメントありがとうございます

冷静な「氷のシウミン」の本領発揮ですかねぇ~

さてこの先はどうなることでしょう・・・

私も分かりません・・・
プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR