1年に1度 前編

いつも遊びにいらして下さる方々ありがとうございます

4月になりました・・・そして宗文は職場の異動がありました
本採用じゃなくて契約社員的な身分なので・・
空きのある所に入る・・って感じなんです

また仕事覚えなくちゃならなくて・・・
この1週間仕事の説明をあれこれ聞いて・・・
脳みそがキャパ越えてスパークしてます

久々にるーみん妄想で平静を取り戻せました
るーみんありがとう・・・
本当だったら真ん中誕生日に話あげたかった
でも今日はEXOデビュー記念日なので・・・

今回はプラネットシリーズのシウミン少佐とルーハンの話です



[1年に1度] 前編 ~プラネットシリーズ~


「少佐・・・今年は珍しく何もありませんね」

プラネット情報部の部屋でチェンがシウミンに向かって言う

ここ数日は溜まっていた書類の処理も終り
ビリビリした雰囲気も無くなって
めずらしくまったりと皆でティータイム中だ

「ああ・・・年度末に何もないのも珍しいな」

「そして年度始まりにもなにもありません・・任務も入ってません」

セフンがスケジュールを確認しながら話に入ってくる

「俺・・・経理にいたからこの時期ってさ・・・超忙しかったんだよね~」

ベッキョンが大きく伸びをしながら言うと

シウミンは小さくほほ笑みながらベッキョンとチャニョルの方を向いた

「お前達が志願してウチに来てくれたからだな・・・
それまでは人の入れ替わりが激しかったし・・・
そこに任務まで入ってくると本当にバタバタだったな」


「そうだ・・・シウミン少佐・・・
今年はタイミング合うんじゃないですか・・・
明日からでも休暇取ってくださいよ」

「ん? セフナなんだ?」

「あの・・・いつかは・・の話です・・・
手配しておきますから是非行ってみて下さい」

シウミンは一瞬怪訝そうな顔をしたが
セフンの言わんとする事が分かりニッコリほほ笑んだ

「セフナこそ大事な人と行けばいいじゃないか」

「いえ・・自分は体験済みですので・・・今年・・少佐行ってください」

「タイミングなんて中々合いませんよ・・・・仕事は私たちに任せてください」

チェンがシウミンの背中を押すように笑顔で付け加える

「そうだな・・・セフナの体験した感動を味わってみようかな」







あれはいつの頃だっただろうか・・・

ある事件で人質になった少年を救出しに行った時だった

床下から少年に接触をした時
彼の体に爆発物がとりつけられているのに気付いた
監視カメラの設置されている部屋の
中央の椅子に括り付けられ
爆弾までとりつけられていたのだ

爆弾は想定外だったので
少し時間を稼ごうと思い
床下から少年に話しかけた
少年は聡明な子だったので
パニックになる事もなく
こちらの指示通りに動いてくれたので
無事に救出できた


「さくら・・・この前家族で旅行に行った時に
すごく綺麗な桜を見たんです・・・・
初めて見て・・・なんか涙でちゃった位・・・
あの桜もう一度観たいな・・・」

「大丈夫だ・・見れるから・・・頑張れ
俺が絶対に見せてやる・・・
その桜の風景を思い出してしばらく目をつぶっていろ」

「はい・・もう一度桜見るまでは・・死なない」





「しうちゃん・・・もうすぐ着陸だって・・・疲れたの?」

ルーハンがシウミンの顔を覗き込んでいる
その瞳には心配という文字が浮かんでいる

「悪い・・・苦手な飛行機に乗せたうえに・・意識飛んでたな」

シウミンはルーハンの手をとって優しい顔でほほ笑んだ


休暇が取れるから旅行に行こう・・・
珍しくシウミンからの誘いに
ルーハンは大喜びで付いてきた
苦手な飛行機でも2時間・・・
大好きな人と一緒!!!!
嬉しさが恐怖を上回ったので
何という事もなかったのだ

行き場所は日本という事しか聞いていない
でもそんな事は気にならない
隣にいるのがシウミンで
2人っきりの旅行なのだから・・・



昼頃に関西空港に着くと
セフンの手配したコーディネーターの人がいて
そのまま車に乗せられて移動させられた
もう何時間も乗っている・・・
飛行機の緊張と車の程よい揺れ具合で
シウミンもルーハンもぐっすりと眠ってしまった
(シウミンは仕事柄熟睡はせず
時々目を覚ましてはいた
隣のルーハンの寝顔の可愛らしさに
キュンキュンしたのは内緒)




「着きましたよ」

コーディネーターに起こされて
ルーハンとシウミンは車から降りる

古風で格式のありそうな日本旅館の前で
女将に笑顔で迎えられた

「ようこそおいでやす・・・
ちょうどよい日におこしいただけましたなぁ」

「お世話になります」

流暢な英語での会話にシウミンは英語で返答をした

ルーハンは何がちょうどよい日なのか・・・ぼんやりした頭のまま考えていた




旅館に着いた時はもう夕飯近い時間になっていた
そろそろ暗くなりはじめている
部屋に通され、いろいろ説明を受けて
食事を用意する都合上
大浴場に行くように言われて
2人は日本の温泉に初めて入った

他の人たちもいるため
邪な気持ちをルーハンは必死で抑え
2人で背中の流し合いなどのボディタッチで我慢をして
部屋に戻ってきた

和食のご馳走が並べられているテーブルに座ると
女将が笑顔で料理の説明を始めた
そして最後に・・・・・

「本当に今日で良かったですね
多分明日から散り始めるので・・・ウチでは風景もご馳走の一つとなっております」

そう言って閉まっていた障子窓を全開した・・・・

うわぁ・・・・・

まどの外には山一面を満開の桜が覆っていたのだ

yjimage.jpg



つづく









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR