1年に1度 後編

[1年に1度] 後編 


「すっごい~!!!!」

部屋の窓から見える桜の凄さに
食事の手を止めたルーハンが窓際まで走っていく

「しうちゃーん!!!!!綺麗だよ~」

満開の桜を初めて見るというルーハンの
はしゃぐ姿を見てシウミンの顔もほころんでいく

「あの桜は山際に咲いてますので
近くまで行かれませんが、ウチとこの庭にも木があります。
ライトアップしてますのでお食事後にどうぞ」

女将の説明に
「桜の近くまで行けるの? 俺行きたい~!!!!」
キラキラした瞳でシウミンを見つめるルーハン

「食事が終わったらな・・・・さあ食べよう」





「うわぁ~凄いよ~」

今日何度目の凄いを発したか分からないルーハンは
庭の桜の大木を見て大はしゃぎ

yjimageXLPI8J3S.jpg

シウミンの腕を掴んで桜の方に走って行く


あっ・・・

急に強風が吹いて2人の手が離れた


え?

桜の花びらが風に舞いながら
ルーハンの体を取り囲んでいく

ルーハンはそれに気づかずに手を広げて
桜の木に抱きつこうと走っている


嫌だ・・・ダメ・・・行くな・・・

シウミンの瞳には桜の木が
ルーハンを連れて行こうとしている様に見えた

強風で花びらが吹雪いている
シウミンはその花びらに襲われてルーハンと離されてしまった

「ルーハン」

ルーハンはシウミンの声が聞こえないのか
嬉しそうな表情のまま花びらに体を包まれていく・・・

yjimage2.jpg

「ハニ・・・・置いてかないで!!!!!!」

強風の花吹雪に邪魔をされながらもシウミンは叫んだ

ビクン!!!!

ルーハンの体が反応する

ハニと呼ぶのはシウミンの中にいるミニが目覚めた証拠

「ミニ!!!!!」

我に返ったルーハンは自分にまとわりつく花吹雪を手で払う

花吹雪に邪魔されて
その場を動けないでいるシウミンの側まで走って行った

「ミニ!!!!!俺が置いていくわけないだろう!!!!
ごめんね・・・手を離してしまって」

ルーハンはしっかりとシウミンの体を抱きしめる

シウミンは自分を見つめる瞳にホッとし
ルーハンの体に抱きついた

「お前が・・・連れていかれるかと思った・・・」

「俺は・・しうちゃんの横にいるよ・・絶対に離れないから」


2人がしっかりと抱き合っていると
いつの間にか強風はピタリと収まり
さっきまでの花吹雪は嘘の様に思える位
桜の大木は静かにその場に佇んでいた


「ルーハン・・・見てごらん・・・桜って下を向いて咲くんだよ」

「え?」

「他の花ってほとんどが太陽に向かって咲くのに
桜は太陽と反対に下むきに咲くんだ」

シウミンに言われて見上げるルーハン

「まるで・・・人間に観てもらうために咲いているようだね」

17796744_798801746935478_5777582150123567508_n.jpg



「しうちゃん・・・連れてきてくれてありがとう・・・
こんなに綺麗な桜・・・・俺一生忘れないよ」

そういうとルーハンはシウミンに優しくキスを落す

「そうだな・・・一生の思い出だ・・・」

2人はしばらくの間
ライトアップされた桜の下で抱き合ったまま
夜桜を堪能する



ライトアップされた美しい夜桜の下で
イケメン2人が抱き合って桜を見上げている姿は
まるで桜の精のような美しさで
見かけた人達の心にもしっかりと焼き付いた



春とはいえ夜はまだまだ冷え込む
すっかり冷え込んだ2人は
部屋に設置されている露天風呂に飛び込んだ

「しうちゃん・・・寒くない?大丈夫?」

「ん・・・」恥ずかしそうにルーハンの腕を掴むシウミンを見て

ルーハンはその端正な顔を盛大にくずしてほほ笑んだ

露天風呂からは山際の桜が白く浮かんで見える


死の瀬戸際でセフンがもう一度見たいと思った景色・・・

自分も死の瀬戸際にこの景色を思い出すんだろうか・・

多分この景色もそうだけど・・・
このルーハンのデレ顔を思い出すんだろうな

そんな事を想いながらシウミンは

「桜は1年に1度しか咲かないけど・・・・
お前と毎年同じ景色を見つめて行きたい・・・」と囁いた


うん・・・

同じ気持ちのルーハンは湯船の中でシウミンを抱き寄せて

「ずっと一緒だよ・・・しうちゃんが嫌がっても離れないからね」



恋人たちの甘い夜はまだまだ続いていく・・・





おしまい





桜散っちゃいました・・・後編が遅くてすみません・・・






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR