誕生日プレゼント

4月が今日で終わります

ルハンの誕生月だったのにお誕生日話書けてませんでした

今更ですが誕生日話をあげます

以前「七夕狂想曲」という話で幼稚園ルーミン書きました
その後の大人になった話まで続きましたが
今回はその2人の幼稚園時代の話です
カテゴリも「幼馴染ルーミン」でシリーズまとめました




[お誕生日プレゼント]


「おかあさん・・・お誕生日のプレゼントって
何をあげればいいの?」

夕飯の支度に追われていたシウミンの母親は
突然息子からの質問に手を止めて振り向いた

「お誕生日? 誰の? 幼稚園のお友達?」

シウミンは小さくうなずいた

幼稚園のお友達同士のプレゼント交換となると
負担にならない程度の金額のものがいいだろう・・・

母親は少し考えてからシウミンに向かって笑顔で答える

「明日にでも一緒に買いに行きましょう」

母親の返事にほっとしたようにシウミンはうなずいた



入園して仲良くなったルハンは
シウミンの誕生日に小さなぬいぐるみをくれた

「しうちゃんに似てるから・・ハムスター選んだの」

そしてその時に
自分の誕生日が翌月の20日だと
宣伝も欠かさなかったのだ
(シウミンの誕生日は
仲良くなってすぐにルハンが聞き出した)

友達にプレゼントをあげるなんて
生まれて初めてのシウミンは
1週間前になっても考えがまとまらずに
困っていたのだ


「また明日ね~バイバイ~」

幼稚園から戻るとシウミンは
母親と近所のショッピングモールにやってきた

入園してからまだ1か月半
最近仲良くなったルハン・・・
何をプレゼントすれば喜ぶのか・・・・

母親が予算を設定してくれて
2人であれだこれだと探しまくる
母親は相手が女の子だと思って
可愛いメモ帖やハンカチを進めるが
シウミンはただ首を横に振るだけ・・・

「クッキーとか食べるものにすれば?」
業を煮やした母親が最終宣告をしても
シウミンは頑固に違うものがいいとごねた

自分の息子が意外に頑固だと知った母親は
時計をちらりと見てから
息子の気のすむまで付きあおうと覚悟を決めた


「あっ!!!!これがいい」

シウミンが
雑貨店のすみに飾ってあった
ぬいぐるみに反応した

可愛い鹿のぬいぐるみだった

話をよく聞くと
最近大事に持ち歩いている
ハムスターのぬいぐるみをくれた子への
お返しのプレゼントだという

ぬいぐるみのお返しに
ぬいぐるみ・・・まあ負担にはならない程度かな・・・

そう考えてシウミンの母親は
鹿のぬいぐるみを買ってくれた





「しうちゃーん!!!!!おまたせ」

ルハンの誕生日当日
朝の会が始まる前に滑り台の下に
シウミンはルハンを呼び出した

「ルハン・・誕生日おめでとう」

小さな包みをルハンに渡す

「え?るうの誕生日覚えててくれたの?」

ルハンはその可愛い顔をくしゃくしゃにして喜んだ

「見てもいい?」

「うん」

うわっ可愛い鹿さんだぁ~

そう言って喜ぶルハンにシウミンもニコニコする

「ルハンは・・・その鹿さんに似ているよ」

「しうちゃんありがとう!!!!大事にするね」

そう言ってルハンはシウミンに抱きついた

ちゅっ♡

突然シウミンの唇にルハンの唇が重なる

驚いたシウミンはしばらく目をパチパチさせたが
ルハンが嬉しそうにしているので
自分も嬉しくなって2人で手をつないだ


「シウミーン!!!!ルハーン!!!!先生に怒られるよ」
教室からスホが大きな声で呼んでいる

「早く~早く~」チャニョルが2人を急かす

へへへ

2人は見つめあうと手をつないだまま急いで教室に走って行った







おしまい


ハムスターと鹿のぬいぐるみは
その後ルームシェアという名の「同棲」した
2人の部屋に飾られてます




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同棲話もぜひお待ちしております!

すみませんパスワード入れてなかったから編集が出来なくて(>_<)同棲話なかったかのようにコメント送ってしまいました。プロポーズその後もいつか読ませて頂きたいです😊

ありがとうございます

> へぱりさんへ
コメントありがとうございます
同棲話も書きたいと思ってます♪また遊びに来てくださいね
プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR