自業自得 6 プラネット番外編

[自業自得 6] プラネット番外編



「ルーハン・・・ごめん」

泣き疲れて眠ったルーハンの髪をやさしくなでながら

シウミンは悲しそうに呟く



嫉妬の感情に駆られて

優しく抱くことができなかった

行為そのものには虐待に近いものがあったかもしれない

後悔の念に駆られながらシウミンは

ひたすら自分への愛をささやいていたルーハンを愛しくおもい

涙でぬれた頬に優しく口づけをした


「ん?」

ルーハンの瞼がかすかに動く


「しうちゃん・・・」


目の前のシウミンの姿を見てルーハンが目を大きくあける

「しうちゃん・・・大好き・・・」

少しはにかんだようにほほ笑むルーハン


シウミンはルーハンを優しく抱き締めた


「ごめん・・・気持ちの制御が出来ずに・・・

辛い思いをさせた・・・」

「しうちゃんが悪いんじゃない・・るうが悪いんだよ

でもすごく嬉しい・・今まで物に執着した事のないしうちゃんが

あんなに嫉妬の感情をむき出しにするなんて・・・・

それだけ・・るうが愛されているって実感したよ」


「ルーハン」


「しうちゃん凄すぎる・・・何度意識を失ったか」

そう言うとルーハンは笑いながらシウミンに抱きついた


「やっぱり愛する人とするのが一番だね・・・

体だけじゃなく心も繋がって・・・最高の瞬間を一緒に感じられて」


「ああ・・・そうだな」


「でも・・愛されるより愛する方が好きかも・・・

しうちゃんとエッチできるならどっちも構わないけどね」


ルーハンの一言にシウミンの頬が赤くなる


「しうちゃんの中に隠れている俺だけが知っているミニちゃんを含めて・・・

一生愛し続けるよ・・・しうちゃんが心変わりしたら・・・」


ルーハンは真面目な顔してシウミンの顔を見つめる


「俺・・・しうちゃんの事・・殺すかもね」


「ルーハンになら殺されても本望だ」


俺たちは唯一無二の存在なんだ・・・もう離れることはできない


2人はお互いの存在を確認しあうかのように


唇を重ねて恋人達の時間を満喫するのだった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(*´∀`*)

ラブラブ甘々ですね(*´-`)

素敵なお話ありがとうございました<(_ _*)>

更新楽しみに待ってます(●´∀`●)/

Re: こんにちは(*´∀`*)

> aさんへ

この週末にソウルに行っていたので・・・

って東のライブではありません・・たまたまです

お返事が遅れてすみません

この話はおまけがあるのですが週末までお待ちください
プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR