クリスマスの再会 前編

いつも遊びにいらして下さる方々お久しぶりです・・・・

今月は何かと忙しくて更新もただならぬ状態でした

今日はクリスマスです・・・という事でお話をひとつあげます

実はこことは別にFC2小説という場所で、ルーミン話をひとつ書いてました

今回の話はこの話の続きとなります

Eternalという闇の一族の話なのですが、

もともとはSJのハンチョル(ハンギョンとヒチョル)の話でしたが

るぅみんも有りかな・・・とスピンオフ的に書いてみました

まだ読んでない方は

まずこちらの話を先に読んで下さると良いかと思います


Eternal るぅみんver.


↑クリックすると目次にとびます



[クリスマスの再会 前編] Eternal るぅみんver.




シウミンはクリスマスに関して不思議な記憶があった

それは子供の頃から鮮明に思い出すことが出来たのだが

一緒にいる人物の顔だけは靄がかかったように思い出せないという

不思議な記憶だった


大きなお屋敷のおおきなクリスマスツリーに飾りつけをしたり

ものすごいご馳走を前に誰かと楽しく食事をしたり

雪の中誰かと転げまわったり雪合戦をしたり・・・・・


ある程度の年齢になったときに自分の親にこの話をしても

家族でそんな場所に行ったことはない・・・と否定されて

ただの夢だろうと一蹴されてしまったのだった


シウミンはその「夢」の中で

自分と楽しく過ごしている誰かがすごく気になっていた

顔は分からないのに自分と同じ歳だと知ってて

彼の声を聞くと胸がドキドキするのを

ハッキリと感じている自分がいる


そして夢の中の彼は何故か自分を「ミンソク」と呼んでいた・・・・・





今年もまたクリスマスの季節がやってきた

シウミンは高校3年生になっていた

ずっと憧れていた歌手になるべく芸能事務所のオーディションに合格し

今では練習生としてデビューを夢見てレッスン漬けの毎日だった


「シウミン~」

ダンスレッスンの休憩中にレイがシウミンに話かけてきた

プラネット芸能事務所には中国からの練習生も数人いる

シウミンはクリスという中国系カナダ人と友達になってから

そのつながりで中国人の練習生とも仲良くなっていた

レイも中国人練習生だったがダンスがすごく上手で

シウミンは時々細かなステップなど教わったりしていた

そのお返しではないがレイの変な韓国語を直してあげたりして

いつもつるんでいる仲間の1人になっていたのだ

「ん? 何?」

レイに呼ばれて振り向くと

最近練習生になったルハンがレイと一緒にいてニコニコとほほ笑んでいる


「シウミンは今度のクリスマスは予定あるの?」

レイがえくぼの目立つ笑顔を向けて聞いてきた


「いや・・・別に・・今の所・・・ない・・・」


シウミンは自分の頬が赤くなるのに気付いた

理由は分かっている・・・レイの隣にいるルハンだった


たまたま財布を落としてしまい

全財産が入っていたために半分泣きながら探していた所に

親切に届けてくれたのがルハンだった

それが2か月前

そして先月、ルハンが練習生としてシウミンの前に現れた時はものすごく驚いた

同郷と言うことでレイとルハンはすぐに仲良くなって

いつの間にかシウミンとつるんでいる仲間の1人になっていた


初めて会ったときからルハンはシウミンを優しく見つめていた

正確にいうと「凝視」に近いものがあって

その強く激しく優しい視線にシウミンは慣れるまで戸惑っていたのだった

今ではかなり慣れてきたが

やはり見つめられていると感じると胸の鼓動が早くなる


「クリスマスにレッスンが入ってるけど、その後にパーティしようよ」

レイがパーティの誘いをしてきた

「ああ・・・いいよ他に誰がくるんだよ」

「クリスにタオにジョンデ・・・・そしてルハン」


ルハン・・・その名前を聞いただけで胸がドキドキする自分にシウミンは戸惑う

自分より少し背の高いルハンに見上げるような視線を向けると

やはり笑顔で自分を見つめているルハンの姿があった



どうしたんだろ・・・俺・・・ちょっと意識しすぎだよな・・・

なんでルハンにだけ・・・あいつが俺の事見つめすぎるのがいけないんだよな・・・


シウミンが自分の胸が甘く疼く理由を自覚する前に

ダンスレッスンの再開の合図があり、

シウミンは気持ちを切り替えてダンスに集中し始めた











ミンソク・・・俺に気づいて・・・俺を思い出して・・・俺を愛して・・・


現世でシウミンという名前になったミンソクを見つけてから

ルハンはただひたすら待っていた

彼に出来ることはシウミンを見つめる事だけ

思いのたけを込めて毎日見つめ続けていた


人間は生まれ変わるときに前世の記憶をリセットされてしまう

でも愛し合った記憶は魂に刻み込まれているという

ルハンはその話にわずかな希望を持ち

愛したミンソクが生まれ変わるのを待ち続けた

やっと見つけたミンソク・・・

焦ってはいけない・・・ルハンは自分に言い続けて

友達という場所にたどり着いた

さっき自分を見つめていたシウミンは頬をほんのりと染めていた


多分自分の事を意識し始めたのだろう・・・・


抱きしめて口づけをしたい・・・

そんな気持ちにさせるくらい可愛い仕草だった

ミンソク・・・・早く俺を思い出して・・・・

見つめるだけで思いを届けられればいいのに・・・




ルハンは大きく息を吐くと

周囲に合わせるようにダンスレッスンに集中しはじめた


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR