偶然による必然的な出会い 9

[偶然による必然的な出会い] 9



~同時刻 セフンの部屋~



「へえ~ここがセフンの部屋なの? 」

部屋に通されたタオが

パンダのぬいぐるみを抱きしめながら興味深そうにあちこちを眺める


部屋はシンプルな装飾でカーテンや布団などもモノトーンでまとまっていた

タオが部屋をうろうろ観察し始めると

セフンは黙ったままベットのシーツを交換しはじめた



「きゃあああ可愛いっ!!!!なにこれ~!!!!」

タオの視線の先には部屋の装飾とは似合わないぬいぐるみの山があった

さっきパンダのぬいぐるみを探すために引っ掻き回してそのままだった

そのぬいぐるみの山に向かってタオは突進していった


「セフナ~すごいねぇ・・・こんなに沢山可愛いのがあるっ!!!!」



「ん?」

セフンはぬいぐるみの山を指さすと首をかしげた



「え? タオにくれるの? え~いいの?」


「ん」


「えーどの子にしようかなぁ~全部可愛いなっ」

タオがぬいぐるみに囲まれてあれこれ悩んでいると



「お」

セフンがタオに声をかけてベットをとんとんと叩いた


「え? タオがベット使っていいの? セフナはどうするの?」


「あ」


セフンがソファを簡易ベットに直したものを指さした



「え~だめだよセフナには狭いじゃん・・・一緒に寝ようよ」


「ほ?」


「2人で寝られる広さあるよ!!!!大丈夫だよっ」


セフンが驚いたままタオの事を見つめていると

タオはニッコリとほほ笑んで

気に入ったぬいぐるみをいくつかベットに並べ始めた


「でねタオとセフナとパンダさんと一緒に寝ようね」


タオの満面の笑みにセフンも一緒になってほほ笑んだ

初めてあったのにも関わらず、話すことができないセフンと

ここまで会話がなりたっているのが普通ではないことに

2人は全く気付いていない



「あ」

セフンは時計を見て指さすとタオが時計の方を向いた


「そうだね・・もう一回集合って言われてた時間だね~

さっきの部屋までタオの事連れてってくれる?」


「ん」


タオは左腕でパンダのぬいぐるみを抱え

右腕をセフンの腕に回してごく自然に腕をくんだ

2人は長年の友人のように

すっかり打ち解けた雰囲気で部屋から出ていく





~同時刻 チェンの部屋~


「このベットを使ってくれていいですよ」


「ベット1個しかないじゃん・・・チェンはどうするの?」


「そのソファが簡易ベットになるんですよ・・・そっちを僕が使いますから」



ふーん・・・という顔をして

レイはチェンの部屋を興味ぶかくあちこち見回す

チェンはベットメイクをしながらレイの様子を見ていた


出会ってからずっと自分のそばにくっついてくる

あまりにも近くに寄ってくるので

チェンはドキドキと心臓が破裂しそうだった

男性だとわかっていても

きめ細かい白い肌と笑うと浮かぶえくぼが眩しくて仕方ない


研究畑一筋だったチェンは

ちゃんとした恋愛をしたことがなかった

出会ったばかりなのに・・・・

笑顔を絶やさない綺麗なレイに魅かれ始めている事に

チェンは薄々と気づいていた



「ねぇ~この機械ってなあに?」

レイが作りかけの機材に興味を持って訪ねてきた


「それは自動水やり器のテスト版です・・・畑を広げる予定なので

ここのメンバーだけだと水やりが大変なので・・・」


「へえ~チェンって発明家なの?」


「この星ではなんでもやらなきゃならないんです・・・

本業は農作物の研究の方なんですけどね」


「僕ね~発明大好きなんだ!!!!自分の星でも宇宙船の整備とかしてたよ」


え?


チェンは宇宙船の構造が惑星によって違うことに興味を持っていた

レイたちが乗っていた船は大破してしまったけど

地球連合政府のものとどう違うか知りたかった・・・・


「レイさん・・・落ち着いてからでいいので

レイさんの星の宇宙船の構造を教えてください」


2人の共通の話題が見つかり

チェンは興奮するように話始めた





~同時刻  クリス~



「さて・・・これからどうしたもんかな・・・」

クリスはあてがわれた部屋のベットに腰をおろすと

1人でぼんやりとしていた


相談をしようにも仲間はバラバラの部屋に分けられてしまい

自分はひとりきりにされている


乗ってきた宇宙船は大破した

この星から出ていくには新しい船が必要だ


それよりも自分達は追放されたに等しい状態だから

侵略するための星を見つけたとしても報告する気にはならない


「とりあえず・・・しばらくやっかいになるか・・・」


クリスは考える事をやめてベットに大の字に寝そべった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは(*´∇`)

そうなんですね♪

イケシウちゃんも好きです(*´-`)

ルーミン楽しみに待ってますヾ(=^▽^=)ノ

Re: お初です

> あんさんへ

コメントありがとうございます

すごく嬉しいです

またコメント下さいね

Re: こんばんは(*´∇`)

> aさんへ

いつもコメントありがとうございます

今回は他のメンバーの様子も取り入れているので
なかなかるーみんのいちゃこらまで行けません!!!!すみません
頭の中ではいつもいちゃこらしているんですけど(笑)
気長にお待ちください
プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR