チェンの困惑 偶然による~番外編

偶然による必然的な出会い 番外編 [チェンの困惑]


チェンの部屋でレイが武器の鞭の手入れをしていた

先日の侵入者との戦いの時に相手の返り血が付いてしまい

そのままにしていたらカビてしまう・・・

そう言いながら手慣れた様子で鞭を拭いていた



その様子を見ながらチェンは

鞭を操るレイの姿があまりにも華麗だったな・・・と

うっとりとした表情で思い出していた


「ねぇ・・チェン・・どうしたの? ぼんやりして」

へっ?

気が付くと目の前にレイの顔がある


ビックリして

ソファからずり落ちてしまいそうになったチェンは

とっさに伸ばしてきたレイの腕につかまって落ちる事はなかった

しかしレイの腕につかまった部分が熱く感じられて

思わず顔が赤くなる


クスクス・・・


レイは不思議そうにチェンの顔を見つめて楽しそうに笑う

その笑顔をみてチェンの心臓は破裂するのではないか・・

というくらいドキマギした



「そう言えばチェン・・・チェンの用意していた武器って何だったの?」


え?


「なんか箱みたいなの持ってたよね?・・・使うことなかったけど」

「ああ・・・」

チェンはソファから立ち上がると近くの棚を開けて

その中から金属の箱と金属の棒を取り出した・・・

箱にはボタンやらスイッチやら付いていて

棒はその箱にコードで繋がっている


「これこれ!!!これどうやって使うの?」

レイがえくぼの浮かぶ可愛い笑顔をむけてチェンに聞いてくる

その瞳は好奇心にあふれてキラキラしてる



ああああ・・・そんな瞳で僕を見ないでください!!!!

チェンの胸が甘く疼く・・・

自分の気持ちを隠すかのように

大きく深呼吸をしてから

レイに箱の取扱いの説明を始めた


「へぇ・・・ここから強い電気が流れて電気ショックを起こすんだね」

「地球ではスタンガンというものがあるんですが

それを改良してみました。

棒を相手の耳の裏あたりに付けるようにします」

ふーん

レイは説明を受けながら箱をあれこれいじる

「ねぇ・・・この棒を敵に付ける前に

相手の足蹴りの方が先に来そうだね」

はっ・・・・

チェンはレイの言葉を聞いて

自分の腕の長さに棒の長さを足してみて

足蹴りで戦っていたタオの事を思い出してみた

そして回し蹴りされたらアウトだと気づく


「で・・でも・・その足にこの棒で電気を流せば・・・」


「電気ってどれくらいの強さなの?」

レイがカチャカチャと電源やらメモリやらをいじっていた


「レイさん!!!!あぶないです!!!」

ビリッビリッ


目の前で棒から電気がレイの腕に流れるのが見えた


「うわぁぁぁぁぁ」チェンが思わず叫ぶと



「へぇ~なんか気持ちいいよ~ビリビリして肩こりが治りそうだよ」

レイがのんびりした声で答えた

へ?

チェンがあわててメモリを見ると最大を示している


「なんか肩が楽になったみたい・・・クリス達にも勧めてみよう」


レイは新しいおもちゃを貰った子供の様に楽しそうに

武器だったはずの金属の箱をもって部屋から走って行ってしまった


残されたチェンは途方に暮れる

何度も動物で実験したはずだし・・・

自分にあてた時は、最少メモリでもかなりのダメージを受けた


それが今、レイは最大のメモリでもケロッとしていた

むしろ気持ちいいとまで言われた・・・


あの惑星の人たちって・・・僕たちと構造が違うんだ・・・

チェンは小さくため息をつくと部屋からリビングに向かう


「ああ・・・なんか気持ちいいなぁ・・」

「でしょ? これから寝る前にこれやると筋肉ほぐれていいかもね」

「チェンチェンがこれ作ったの?」


チェンがリビングに着くとヤチェ星人達がワイワイと騒いでいた


「タオもやりたい~!!!!」

チェンが困ったように眉毛を下げて笑顔をつくる



「はい・・・」

シウミンが淹れたてのコーヒーをチェンに差し出すと

気の毒そうな顔をしてキッチンに戻って行った

(シウミンはチェンが試行錯誤しながら

武器として制作していたのを知っていたのだ)



「チェン~これ僕たちに使わせてくれる?」

レイがきらきらした瞳でチェンに聞いてくる

その瞳を見ただけで

武器だったものが健康器具になってもいい・・・と

チェンは心の中で思った


そして、チェンの発明した武器は健康器具として

レイたちに毎日のように愛用される事になったのだった



おしまい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おそるべし

ヤチェ星人!
美男美女に加えて体も頑丈なのね

チェンどんまい!←

レイさんの鞭が欲しい・・・でも気をつけないと
手首傷めるんだよねぇ、うん

こんばんは(*´∇`)

お疲れ様です<(_ _*)>

こちらこそ毎回お返事ありがとうございます(*´∀`*)
素敵な夢をいつもありがとうございます(≧▼≦)!


レイレイ達凄いですね 笑
そもそも色々違いすぎて
どんな武器も効かないんですね(;A´▽`A笑

ちぇんちぇん、、、ファイティン(≧▼≦)

更新楽しみに待ってますヾ(=^▽^=)ノ

Re: おそるべし

> あんさんへ

鞭って難しいですよね~
レイさんは「僕自分が痛いのやだから」って
鞭の特訓をした・・・という妄想です
クリスは腕力で
タオは脚力で
ルハンは身軽さで敵を倒します・・・・

番外編のるーみんを考えてますので更新気長にお待ちください

Re: こんばんは(*´∇`)

> aさんへ


地球人と鍛え方が違ってる・・・と思ってください
小さいときから特訓を受けてるので
ちょっと位じゃダメージうけません
電気もしかり・・・です

番外編るーみんがあるので更新もうすこしお待ちくださいね
プロフィール

宗文san

Author:宗文san
るーみん大好き宗文です。2人の幸せを祈ってます。ここでは2人の妄想話が主になります。BLが苦手な方は読まずにお帰り下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR